ここから本文です

【EURO2016】ブーイングを浴び続けたペペ、さらに敵を増やす……OBたちの反応も様々

SOCCER DIGEST Web 6/15(水) 16:08配信

相手選手と衝突して倒れた際には足を伸ばして蹴りを見舞う。

 6月14日(現地時間)に行なわれたポルトガルとアイスランドの一戦は、メジャー大会デビュー戦にもかかわらず、果敢に強国に立ち向かって勝点1を奪取した後者の健闘ぶりが印象に残った。
 
 それ以外にも、幾つか印象に残るものがあった。アイスランドのキャプテン、アロン・グンナールソンのロングスローもそうだろう。どこからでも披露される彼の“強肩”は、何度かチャンスにも結び付いた。
 
 そしてもうひとつ。ポルトガルのペペに対する執拗なブーイングだ。レアル・マドリーでプレーするCBがボールを触るたびに、スタジアム内が非難の口笛に包まれた。
 
 試合前日の会見で、アイスランドのラーシュ・ラガーベック監督は、クリスチアーノ・ロナウドとペペを「ハリウッド俳優のようだ」と皮肉っていた。
 
ペペについては、チャンピオンズ・リーグ決勝で、アトレティコ・マドリーのフィリペ・ルイスに顔を叩かれたとして痛がるも、主審に演技を見抜かれていたシーンが、人々に悪印象を与えていた。
 
 そのこともあってか、統率されたチャントを披露するアイスランド・サポーターのターゲットとなったペペ。しかし、彼はこの試合でも後半、ヨン・バーバソンと衝突して倒れた際に、故意に足を伸ばして蹴りを入れようとしたようにみえた(カニばさみの状態に)。
 
 この行為に対し、審判からは何のお咎めもなかったことで、さらにスタジアムには大きなブーイングが響くこととなった。
 
 ポルトガルの『レコルド』は「ペペはさらに多くの敵を作ってしまった」と報じ、またOB選手たちのSNSでのコメントを紹介。元イングランド代表のガリー・リネカーは、CL決勝の時同様、禁止用語を使ってペペを非難している。
 
 元デンマーク代表のペーター・シュマイケルは「なぜ、審判たちはペペに対してアクションを起こすのを怖がっているのか?」と疑問を呈し、元ノルウェー代表のヨン・アルネ・リーセは「ペペに点を取らせないで。さもないと彼はますます嫌われてしまう」と書き込んだ。
 
 このような“逆境”のなかでも、守備では安定したプレーを見せ、最後尾から好パスを再三供給していたペペ。今後の試合で、鉄のハートを持つ(?)彼がボールを持った際、相手サポーターがどのような反応を示すのかが気になるところだ。

C・ロナウド、アイスランドの戦術に「ムカつく」、「器が小さい」と苛立つ

最終更新:6/15(水) 22:57

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。