ここから本文です

【J1採点&寸評】FC東京×広島|双方ともに精彩を欠いたゲーム。MOMは先制弾の浅野ではなく、同じリオ五輪世代の…

SOCCER DIGEST Web 6/15(水) 21:56配信

FC東京――両センターハーフはゲームメーカーとして物足りなさが…。

【チーム採点・寸評】
FC東京 5.5
米本と高橋の両センターハーフがゲームメーカーになりきれず、前半は眠気を誘う攻撃に。結果的に追いついたが、J1の14試合で総得点は12(ワースト3位)と決定力不足は極めて深刻だ。
 
広島 5.5
攻守ともにやや精彩を欠き、自陣でFKを与える回数が少なくなかった。浅野の先制点で勢いづくどころか同点にされ、その後は何度かピンチを招いた。サポーターの悲鳴がこの日の出来を物語る。

リオ五輪候補がアピール。橋本と浅野のゴールで、FC東京対広島は1-1ドロー



【FC東京|採点・寸評】
GK
47 秋元陽太 5.5
62分には森﨑のヘッドを足で掻きだすビッグセーブ。しかし、近距離にいた浅野にみすみすゴール(69分)を奪われた点は残念だった。
 
DF
3 森重真人 6
P・ウタカにサラリとかわされた8分以降は比較的安定したプレーで最終ラインを無難に統率。50分には際どいFKでゴールを脅かした。
 
5 丸山祐市 5.5
前半から気迫のタックルでゴールを死守していたが、浅野に決められたシーンではやや棒立ちに。一瞬のミスが命取りになった印象だ。
 
25 小川諒也 5.5
公式戦で5試合ぶりのスタメン。スプリント勝負で柏に競り勝ち、鋭いオーバーラップを仕掛けるも崩しの局面でミスを連発した。
 
37 橋本拳人 6.5  MAN OF THE MATCH
9分に清水との1対1を制した場面でフィジカルの強さを発揮。こぼれ球への反応も良く、本職はボランチながらSBが板についてきた。同点ゴールを決めた働きも称えて、MOMに。
 
MF
4 高橋秀人 5.5
守備面での貢献が光る半面、縦パスが不正確。69分の河野へのサイドチェンジは見事も、ゲームメーカーとしては物足りなかったか。
 
7 米本拓司 5.5
運動量は相変わらず豊富だが、ボールを収めてからの展開力が目下の課題。パスが正直すぎてオフェンスをあまり活性化できなかった。
 
22 羽生直剛 5.5(80分OUT)
後半開始直後のムリキへのスルーパスが少しズレるなど、細かい部分でミスが散見。後半に入ると、広島の動きにやや翻ろうされた。
 
38 東 慶悟 5(57分OUT)
味方との距離感がいまひとつで孤立する時間帯も。エリア内でパスをなかなか受けられず、この日もゴールは果たしてなく遠かった。
 
FW
11 ムリキ 5.5(64分OUT)
立ち上がりから積極的に縦パスを入れ、リズムを生もうとしていた。裏へ果敢に飛び出すなど調子の良さを窺わせたが、無得点では……。
 
20 前田遼一 5
ファーストDFとしては十分に機能。ただし、攻撃面で迫力を欠いて敵の脅威になりえなかった。ゴールを奪ってこそ、FWだろう。
 
交代出場
MF
17 河野広貴 6.5(57分IN)
東に代わり右サイドハーフを担当。69分には抜群のトラップからのシュートで結果的に橋本の同点弾をアシストと、大きな仕事をした。
 
FW
16 ネイサン・バーンズ 6(64分IN)
自らドリブルで持ち込んだ72分の絶好機はGK林に惜しくもシュートを阻まれた。とはいえ、仕掛けや崩しの局面では効いていた。
 
MF
48 水沼宏太 5.5(80分IN)
後半アディショナルタイムに放った渾身のミドルはGK林にセーブされ……。広島に致命傷を与えられなかった。

監督
城福 浩 5.5
途中出場の河野がアシストを決めた点で、選手交代は当たったと言えるだろう。ただ、試合を通してのゲームコントロールには疑問符。

取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

1/2ページ

最終更新:6/16(木) 13:56

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。