ここから本文です

移籍秒読みの宇佐美がホーム吹田Sで2戦連発!

SOCCER DIGEST Web 6/15(水) 19:41配信

カウンターから長い距離を走り込んで右足を振り抜く。

[J1リーグ・第1ステージ10節]G大阪-浦和 6月15日/吹田S

 J1リーグは6月15日、第1ステージ10節の延期分、2試合を開催。市立吹田サッカースタジアムでは、G大阪対浦和が行なわれている。

宇佐美貴史、柴崎岳、小林祐希、宮市亮――プラチナ世代に迫る”ラストチャンス”

 G大阪は8分、カウンターからアデミウソンが抜け出し、ペナルティエリア内に進入。いったんキープでタメを作り横に流すと、これを長い距離を走ってエリア内に飛び込んできた宇佐美が右足で蹴り込んだ。G大阪が先制に成功した。

 宇佐美は、ドイツ・ブンデスリーガのアウグスブルクへの移籍が秒読み段階に入ったとも言われている。残りわずかかもしれないホームゲームで、エースが2戦連発と発奮している。
 

最終更新:6/15(水) 19:54

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。