ここから本文です

浦和が痛恨の黒星… 決勝弾の宇佐美はホームで2戦連発!

SOCCER DIGEST Web 6/15(水) 21:04配信

不発続きだった新本拠で2戦連発!

 J1リーグ第1ステージ10節延期分のG大阪対浦和が6月15日、市立吹田サッカースタジアムで行なわれ、1-0でG大阪が勝利を収めた。

【PHOTO】移籍秒読みの宇佐美が決勝弾!



 前節鹿島に敗れ、自力優勝がなくなった浦和は前線の顔ぶれを入れ替え、1トップにズラタン、2シャドーに石原と李を起用。サイドには関根と駒井を先発に抜擢して、先発メンバーを大きく入れ替えてきた。

 しかし前半は、G大阪が縦への鋭さで上回る。そして8分、カウンターからアデミウソンが抜け出し、ペナルティエリアに進入。いったんキープでタメを作り、横へ流すと、後方から走り込んできた宇佐美が蹴り込み、G大阪が先制した。

 先制点で勢いに乗ったG大阪は、遠藤のポスト直撃のシュートなど、惜しいチャンスを作り続けた。

 一方の浦和は、柏木のスルーパスからチャンスを作るものの、ズラタンのシュートは味方に当たるなど良い流れを呼び込めない。

 前半は1-0でG大阪がリードして折り返す。

 後半に入り、浦和は57分に興梠、58分に武藤を投入。反撃に打って出る。しかし、興梠のスピード溢れる突破などから押し込むシーンは増えたものの、最終局面でG大阪の身体を張った守備に阻まれゴールが遠い。

 逆にG大阪は、77分に遠藤がクロスバー直撃のシュートを放つなど、虎視眈々と追加点を狙う。遠藤はこの日、シュートがポストとクロスバーに一度ずつ嫌われ、J1通算100得点はならなかった。

 終盤に入っても浦和の攻撃は停滞気味。アディショナルタイムには遠藤のクロスに興梠がフリーで合わせたが枠を捉え切れず。結局、G大阪が1-0で逃げ切り、3試合ぶりの勝利を飾った。逆転優勝を狙う浦和は、痛恨の黒星となった。

最終更新:6/16(木) 8:58

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。