ここから本文です

親子でオシャレに切り抜ける!夏の新しい虫よけ対策

東京ウォーカー 6/16(木) 8:00配信

アウトドアで悩まされるうっとうしい蚊やブヨ。でも、刺激の強い虫よけスプレーはできるだけ使いたくないところ。そこで、親子でオシャレにしかも安全に虫よけできる一石二鳥のアイテムをご紹介!

【写真を見る】子どもでも着脱しやすいドットボタン仕様「ヘリーハンセン インセクトシールドパーカ」 4,800円(税抜)

ヘリーハンセンはノルウェーが発祥の防水・防寒具の服を中心としたアパレルメーカーで、1920年代からレインコートを発売しているとても信頼のおけるブランド。そんな老舗が今回ボーダー柄でオシャレな虫よけ効果が期待できるケープと子ども向けパーカの販売をスタートさせた。

直接散布する虫よけスプレーと違い「インセクトシールド」と呼ばれるナノレベルで虫よけ成分を結晶化させるという新しい加工技術を採用したため、小さい子どもや妊婦の方も安心。大人用のショールタイプは、肌の露出が気になるところに羽織ることで虫よけをすることが出来る。子ども用のパーカタイプは首元や頭を虫から守ってくれる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:6/16(木) 8:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。