ここから本文です

鉄道ファン必見! 企画展で田端駅の歴史に迫る

東京ウォーカー 6/16(木) 11:00配信

4月22日から10月2日(日)まで、「田端駅開業120周年記念 鉄道からはじまる田端の街ものがたり」が田端の「田端文士村記念館」にて開催。鉄道の撮影スポットとしても人気の高い田端駅と街の歴史を、写真や古地図で振り返る。

【写真を見る】田端駅の開業から文士芸術家村が収束を迎えるまでの歴史を、年表や写真で紹介

■ 写真や古地図、絵画などを展示

4月1日で田端駅が開業120周年を迎えたことに合わせ、同駅で開催中の「田端駅開業120周年記念イベント」の一環として催される企画展。「文士芸術家村」を形成していた田端は、「羅生門」で知られる小説家「芥川龍之介」や、日本近代陶芸界の巨匠「板谷波山(いたや はざん)」が住まいを構えるなど、文士や芸術家が集う街としての歴史を持つ。同企画展では、田端にゆかりのある文士や芸術家たちの作品などを所蔵する「田端文士村記念館」ならではの視点で田端を紹介する。

企画展は6つのテーマで構成されており、順を追って田端の街や駅の歴史を知ることができる。展示には、明治39年頃に撮影された田端駅の貴重な写真や、周辺の移り変わりを読み解く古地図が並ぶ。そのほか、精密な描写で東京の街を描く鉛筆画家「安住孝史」が描いた田端の風景画や、文士や芸術家たちの作品の中に登場する田端に関するエピソードなどが見られる。

「明治29年4月1日に開業した田端駅は、農村地帯であった田端の街の発展に、大きな影響を与えました。街を支えた鉄道の歴史と、大正から昭和へと移り行く風景の物語を、文士や芸術家の目を通してご紹介いたします。田端駅の開業にはじまり、空襲により壊滅的な被害を受けた昭和20年4月13日まで、文化の薫り豊かな『田端文士芸術家村』の変遷をお楽しみください」(田端文士村記念館 担当研究員)。

また、文士芸術家たちが通った田端のお店を紹介する「田端の名店の歴史」など、ユニークな展示パネルも設置される。

文士や芸術家たちが暮らした田端の歴史を紹介する企画展で、街の新たな魅力を発見してみよう。【東京ウォーカー】

最終更新:6/16(木) 11:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。