ここから本文です

及川光博「とと姉ちゃん」唐沢寿明との共演を語る!

Smartザテレビジョン 6/16(木) 12:00配信

放送中の「とと姉ちゃん」(NHK総合ほか)で、6月18日(土)の放送回から登場する編集者・五反田役の及川光博は長年の盟友・唐沢寿明と共演する。唐沢との共演の感想や、戦時中に突入する物語の今後について及川に話を聞いた。

【写真を見る】戦争中、防空壕で身を寄せ合う常子(高畑充希)と五反田(及川光博)

【「及川光博が『とと姉ちゃん』出演の裏話を語る!」から続く】

――唐沢寿明さんとの共演についてお聞かせ下さい。

唐沢寿明さんとは大河ドラマ「利家とまつ」('02年、NHK総合ほか)以来、もう共演は何度目になるんだろうというくらい縁がありますが、今もNHKのスタジオに入って、テスト中も、本番の後も、あーだこーだと話し合ったり、からかわれたり、ダメ出しされたりもします。収録が終わった後、その日の反省会ではないですが、飲みにも行きますね。

――今回、唐沢さんは花山伊佐次というすごくキャラクターが強い役を演じられていますが、横で見ていて唐沢さんはどのような印象ですか?

気迫十分ですよ。もともとストイックな方ですし、全く現場に台本を持ち込まない、きっちりせりふを入れて準備万端で来る方で、仕事っぷりは出会ったころから変わらないです。本当に学ぶところは多いです。今回花山のようなキャラクターを演じることに対し、わくわくしているのが一緒にお酒を飲んでいて伝わってきます。

――高畑充希さん演じる常子をどのようにご覧になっていますか?

大体20歳くらいから、25歳くらいまでの常子と、五反田は働いていますけれど、やはりその冒険心あふれる彼女のキャラクターを愛らしく思います。高畑さんは「連続テレビ小説」という長丁場で、どんどんタフになっていっているなという気がします。いろいろな意味で成長を遂げている彼女を、見守りつつしっかり支えていきたいと思っています。

――花山伊佐次が常子にとっての“魂のパートナー”であるならば、五反田は常子にとってどのような存在でしょうか?

そうですね…“ファンクラブ代表”かな? 登場シーンから、いきなり「君、かわいらしい顔をしているな」と近づくわけですから。基本、ほかの社員さんは「小橋君」と呼ぶのに、五反田だけは「常子君」とハートマーク付きで呼んでいます。

――今後の見どころを教えてください。

やっぱり戦争ですよね。戦争が登場人物の心にどんな影をもたらすかというところと、それを乗り越えていこうとするエネルギーが大きな意味で見どころです。そして、高畑充希ちゃん演じる常子が、いよいよ自分で会社を立ち上げるという奮起に至るまでのエピソード、そこからの冒険です。この「とと姉ちゃん」という作品自体のメーン、女性が戦後に会社を立ち上げて雑誌を作るというところにいよいよ入っていきます。

多くの人との関わりの中で常子が目覚めていく。戦争と常子の目覚めという意味では、例えるならば「ガンダム」におけるアムロ・レイです。激動の時代の中で目覚めていく才能。ニュータイプですね(笑)。そういった複合的に楽しめる「とと姉ちゃん」。後半戦、行ってみよう!という感じです!

最終更新:6/16(木) 12:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ