ここから本文です

第87回都市対抗野球大会の32代表が決定。予選では強豪敗退が相次ぐ

ベースボールチャンネル 6/16(木) 6:50配信

熾烈を極めた予選。きらやか銀行が初出場

 6月12日、北海道二次予選でJR北海道が東京ドームへの切符を手中に収め、第87回都市対抗野球大会の32代表が、前年優勝で推薦出場する大阪市・日本生命を筆頭にすべて出揃った。

 昨年の日本選手権で準優勝したHonda、2014年の都市対抗準優勝・富士重工業や2012、13年の都市対抗を連覇したJX-ENEOSなど、強豪がまさかの敗退。日本製紙石巻、鷺宮製作所、三菱重工広島、三菱重工長崎と実力を備えたチームも第一代表決定戦から連敗で代表権を逃すなど、今年の予選も熾烈を極めた。そんな中、東北第一代表で堂々と初出場を果たしたのは、山形市・きらやか銀行だ。

 山形相互銀行時代の1952年に創部し、89年に山形しあわせ銀行と商号を変更。2007年に殖産銀行と合併した際にクラブチームとなり、練習や遠征は大幅に制限される。それでも、09年に企業登録に戻ると、11年の都市対抗東北二次予選では第一代表決定戦に進出。だが、JR東日本東北、七十七銀行と全国の厳しさを知るチームに僅差で敗れ、13年も第二代表決定戦でTDKに惜敗した。

 今回は地元の鶴岡市、酒田市で予選が開催され、熱い応援にも後押しされて選手が奮起。JR東日本東北、七十七銀行を連破して第一代表決定戦に進むと、日本製紙石巻にも2-0と完勝する文句なしの戦いぶりを見せた。山形市からの代表も、50年の山形ハッピーミシン以来66年ぶり。3連投したエース・小島康明、3試合連続本塁打の建部翔太らイキのいい選手たちの活躍が楽しみである。

地震の影響で短い練習期間も、代表を勝ち取った西部ガス

 また、九州第三代表に滑り込んだ福岡市・西部ガスの杉本泰彦監督は、「凄い選手たちに教えられた」と実感を込めて語る。春先から順調にチームを仕上げてきたが、熊本地震が発生すると状況は一変。選手たちは被災地入りして復旧作業に励んだ。京都大会を辞退するなど、練習を再開できたのはゴールデン・ウィーク明け。約2週間で迎えた予選に、杉本監督も「選手に無理はさせられない。特に投手は球数を決めて起用するしかない」と腹を括った。そして、初戦(二回戦)で鹿児島ドリームウェーブに3-12と大敗。早々に敗者復活戦にまわると、敗者二回戦では沖縄電力に2-4とリードされて9回裏まで追い込まれる。

 しかし、二死一、二塁と最後の粘りを見せ、天久朝治が起死回生の逆転サヨナラ3ラン本塁打を右中間に叩き込む。これで生き返った選手たちは、第三代表決定トーナメントに3連勝した。

「必死に練習しても負けることがあるのに、これだけ練習不足なのに勝てるとは……。指導者は『気持ちで勝て』と簡単に言いますけど、それを実践した選手たちは凄い」

 知将・杉本監督にそう言わせたチームで、旋風を巻き起こしてもらいたい。

 連覇を狙う日本生命、攻守に勝負強さを備えた東京都・JR東日本、投打に圧倒的な戦力を誇る豊田市・トヨタ自動車をはじめ、黒獅子旗を目指す戦いはどんな展開になるのか。 注目の組み合わせ抽選会は、6月18日の午後、多くのファンにも見守られながら東京都内で実施される。

1/2ページ

最終更新:6/16(木) 6:50

ベースボールチャンネル

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。