ここから本文です

FC東京の橋本拳人が示した「共闘精神」に基づく振る舞いとは――

SOCCER DIGEST Web 6/16(木) 6:00配信

集団競技に必要な本当のコミュニケーション力とは――。

サッカーは、集団スポーツである縛りからは決して逃れられない。

 例えば1対1という言い回しはあるが、厳密に言えば、1対1になる局面はなく、11人対11人が基本原則である。1対1のように見えても、プレーが間断なく移り変わるなか、味方がマークを外し、フリーランニングすることで選択肢は限りなく増えていく。また、相手もカバーが付いたりするし、完全なひとりのマーカーということはあり得ない。ここに個人競技との大きな差が生まれる。

 すなわち、スポーツでありながらアスリートとしての単純な能力では優劣が付きにくいのである。

 周囲との連係力、もしくは相手の状況を見極める洞察力と言ってもいい。その駆け引きにおいて、優るだけのスキルがあれば、アスリート能力で劣ったとしても勝者となれる。そこに究極的なサッカーの本質がある。忘れてはならないのは、絶えず試合が動いているという点だろう。例えば野球のように打席に立つ、という一球一球の勝負ではないのである。

 そこで、問われるのが協調性だ。それはコミュニケーション力とも言い換えられる。優れた選手は、人の癖を見抜いたり、心を読み解いたりするのが上手く、一方で自分の意志を伝えるのにも長けている。

 しかし、それは機械的、無機的に身につけられるものではない。理論では割り切れない感覚であり、行動規範とも言える。パーソナリティと言われる、人間としての個性を指している。

 これは拙著「おれは最後に笑う」のスペイン、バスクのルポで書いていることだが、彼の地では「男としての振る舞い」を求められる。それは他人を慈しめる寛大さ、仲間を大切にする義侠心。あるいは、フットボールが集団競技である原点に根ざした、共闘精神のようなモノである。

 例えば、レアル・ソシエダの19歳のルーキー、ミケル・オヤルサバルは午前中にトップチームの練習をした後、同年代の仲間たちがいるCチーム、Bチームの試合をハシゴしていた。スタンドでは相手の危険な反則で負傷した同僚を気遣いながら、熱い視線を送っている。レアル・ソシエダはバスクの名門だが、こうした振る舞いが若い頃から浸透している。

1/2ページ

最終更新:6/16(木) 6:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。