ここから本文です

メイクスペースを清潔にすれば、恋愛とお金の管理がうまくいく!?

OurAge 6/16(木) 17:20配信

「自由に使えるお小遣いやプライベートの充実度を高めるには、ドレッサーの中をきれいにそうじしましょう。メイクスペースは愛情とお小遣いを意味します」と言うのは、中国命理学研究家の林 秀靜さん。愛情とお金とメイクスペース、意外な関係性だ。

「まずは配置から見直します。梁の下にメイクスペースがある場合は、お小遣いを得る運になかなか恵まれません。梁のない場所へ移動しましょう。次はコスメ用品の入っている引き出しや棚の中を整理します」

スキンケアやヘアケア用の液体でベトベトしていたり、髪の毛やホコリで汚れていたりと、不潔な状態に慣れてしまうと、お金に対しても無頓着になるそうだ。
「メイクスペースが清潔かつ整理整頓されていないと、お金の管理ができなくなり、知らず知らずのうちにムダ遣いをしてしまいます。金銭面のルーズさを改めるには、大きさや色、用途によって分け、使いやすいメイクスペースを目指しましょう」

また、古くなった化粧品は肌や健康にもよくないので、1年以上使っていないものがあれば、まとめて処分したほうがよいとのこと。
「引き出しの余った空間には、お小遣い運や愛情運が舞い込んでたまります」と林さん。

もうひとつ、メイク用の鏡をこまめに磨くのも、恋愛上、大事だという。
「メイク用の鏡が汚れていると、異性の愛情を買うためにお金を使いやすくなるので、気をつけてください。好ましくない恋愛に左右されないためには、普段メイクをするときに使う鏡をいつもきれいに拭きます」

ファンデーションや整髪料などの汚れや皮脂、手アカがついている場合は、クロスでから拭きを。しつこい汚れがついていたら、中性洗剤を垂らしたぬるま湯にクロスを浸し、絞ってから水拭きしよう。

「鏡をピカピカにすると、自分を客観的に見ることができ、計画的なお金の使い方もできるようになるでしょう」

最終更新:6/16(木) 17:20

OurAge

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。