ここから本文です

ロシア、自国のファン拘束で仏大使に猛抗議「絶対に容認できない。条約違反だ」

フットボールチャンネル 6/16(木) 7:30配信

 ロシアファンが拘束された件について、ロシアの外務省がフランス大使を呼び出し猛抗議したようだ。15日に英メディア『BBC』が報じている。

【EURO2016 現在の順位表】

 同メディアによると、マルセイユでイングランド代表とロシア代表のファンが衝突し暴動を起こしてから警備が厳しくなっている。

 これに関連して、一部のロシアファンがバスでマルセイユからリールに向かう途中でフランス警察に拘束されており、ロシアの外務省が「ロシアとフランスの関係を大幅に悪化させる可能性があるだろう」とし、「絶対に容認できない。条約違反だ」と、フランス大使に抗議したようだ。

 これに対してはフランス大使は「絶対に法律に従っている。他国のファンの挑発的な行為を無視するような、目を瞑る行為はできない」と語り、適切な対応だと答えている。一部のファンによる問題行為が、国同士の関係までも影響を与えることになるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:6/16(木) 7:31

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。