ここから本文です

C・ロナウドは「バッドルーザー」 1-1ドロー後の“暴言”にアイスランド選手が猛反撃!

Football ZONE web 6/16(木) 9:07配信

敬意を欠いた発言に噛みつく 「選手としては素晴らしいが人間としては…」

 欧州選手権(EURO)初戦のアイスランド戦を1-1の引き分けスタートとなったポルトガル代表だが、主将のFWクリスティアーノ・ロナウドが試合後、「彼らはゴール前にバスを置いた」「守って、守って、守りまくっただけだ」と対戦相手を批判し続けたことが物議を醸している。それを受けてアイスランド代表の選手らが「ロナウドは“バッドルーザー”だ」と反撃したと、英国営放送「BBC」が報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 アイスランドはポルトガルに先制され、圧倒的に押される展開ながらも後半5分にMFビルキル・ビャルナソン(バーゼル)が豪快な右足ボレーを叩き込み追いついた。その後もポルトガルの猛攻をしのぎ切り、主要国際大会デビュー戦で歴史的な勝ち点1を挙げた。その快挙に対して「精神的に小さい」などと吐き捨てたロナウドの態度は、許せなかったようだ。

 この日フル出場したDFのカリ・アルナソン(マルメ)は「この結果はとても甘美なものであり、そして彼は“バッドルーザー”であるということだ。僕らは大西洋に浮かんでいる小さな島のチームで、そんな僕らが彼らに対してドローに持ち込んだんだ」と、人口33万人の小国が勇敢に立ち向かったことに胸を張った。

 アルナソンは「サッカー選手としてロナウドは素晴らしい」と実力を称えながらも、「彼は人間としては親切ではないね」と人間性をバッサリ。「彼のコメントは、メッシがいつも彼の一歩先を歩んでいるのが分かる理由となった」と、ライバルのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを引き合いにこき下ろされた。

「この日の彼はキレがなくボロボロだった」

 また過去にアイスランド代表の主将を務め、チャールトンやポーツマスなどでもプレー経験のあるヘルマン・フレイザルソン氏も、「もし彼がアイルランドの選手たちと同じようにハードワークしたら、自分の報酬額に気づくだろうから何も言えなくなるだろうね」と、レアルで高額の報酬を手にするロナウドに噛みついた。

 「この日の彼には切れ味がなく、ボロボロだった。ただアイスランドが煩わしかったのだろう。彼は負けず嫌いだ」とフレイザルソン氏は追い打ちをかけた。引き分けだったとはいえ、ロナウドが決定機を逃して無得点に終わったことは確か。“バッドルーザー”と皮肉られたCR7は、次戦以降にこの悔しさをゴールという結果で晴らせるのだろうか。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/16(木) 9:31

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。