ここから本文です

英露フーリガンがEUROで再び暴動 機動隊と衝突し、逮捕者36人、負傷者16人を出す事態に

Football ZONE web 6/16(木) 14:20配信

仏北部リールの街が緊迫 投石や爆竹の蛮行に催涙ガスで応戦

 フランス北部の都市リールでイングランド人、ロシア人フーリガンによる暴動が発生した。15日深夜に起きた騒動で機動隊が出動する非常事態に発展。現在までに少なくとも36人が逮捕され、16人が病院に搬送されている。英国営放送「BBC」が報じた。

【全選手写真付き】英メディア選出のEURO2016“新米”ベストイレブン

 現在フランスで開催中の欧州選手権(EURO)では各国のサポーターによる衝突が問題化し、負傷者や逮捕者が続出している。全世界で連日ニュースとして取り上げられている。特に大会2日目の現地時間11日に行われたイングランド対ロシア戦では、スタジアム内外でサポーターによる暴動が確認されていた。欧州サッカー連盟(UEFA)はロシアとイングランドに対し、スタジアム内での新たな問題行為が発見された場合には失格処分という厳しい警告を発していた。

 だが、良識のないサポーターによる蛮行は収まらなかった。フランス北部のリールでは、現地時間15日にロシア対スロバキア(1-2)が行われたほか、16日にイングランド対ウェールズの試合が行われるランスの街から近いこともあり、各国のサポーターが集結していた。そして、フーリガンは地元警察と激突し、「オレたちを強制送還するな!」とのチャントを叫びながら、警官隊に空き瓶を投げつけるなど、リールの街で暴れ放題。至るところで発煙筒や爆竹が使用されるなど大騒ぎとなり、街中が緊張状態に包まれている。

テロの脅威とともに深刻な国際問題に発展

 フランス警察当局は機動隊を出動させ、催涙ガスを使うなどして数百人のサポーターを包囲。これまでに36人が逮捕され、16人が病院へ搬送されている。

 警官4000人を追加配備したというニュースもあったが、暴動を繰り返すフーリガンはフランス全土を襲うテロの脅威と並ぶほどの深刻な国際問題に発展している。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/16(木) 14:20

Football ZONE web