ここから本文です

工藤壮人、手術を終えランニング開始。監督も安堵「彼はずっとニコニコしていた」

フットボールチャンネル 6/16(木) 10:10配信

 メジャーリーグサッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスが14日、FW工藤壮人が手術を終えてランニングを開始したことを発表した。

 工藤は現地時間5月11日に行われたシカゴ・ファイヤー戦で相手GKと衝突し、脳震盪を起こしている。その後、病院に運ばれたあと顎の手術を行い、ランニングできるまでに回復したようだ。

 バンクーバーを率いるカール・ロビンソン監督は工藤について「笑うことが難しいにもかかわらず、ずっとニコニコしていた。やっと少し話せるようになったよ。もちろん良い状態に戻るのに時間はかかるが、彼がいてくれるだけで嬉しいんだ。我々は彼の事を大好きですし、来週辺り練習に戻れそうだよ」

 工藤に大きな期待を寄せているロビンソン監督。戦列復帰するまでには、もう少し時間がかかるものの、復帰に向けて前進したと言えるだろう。

フットボールチャンネル

最終更新:6/16(木) 10:13

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ