ここから本文です

岡崎慎司がもたらした知られざる経済効果。中学時代を過ごした街クラブに1300万円を生む『連帯貢献金』とは

フットボールチャンネル 6/16(木) 10:30配信

日本代表の岡崎慎司は、レスター・シティで奇跡のリーグ優勝を遂げ、世界中のサッカーファンに感動を与えた。しかし、岡崎が日本に与えたのはそれだけではない。岡崎がマインツからレスターに移籍したことで、日本サッカーに知られざる経済効果をもたらしているのである。
(取材・文:今関飛駒)

岡崎がレスター移籍でもたらした経済効果

 今季のプレミアリーグ開幕前、レスター・シティがこのような快挙を成し遂げると誰が予想しただろうか。「降格候補筆頭」とまで言われた小規模クラブは、周囲の予想を超える躍進を遂げ、不可能だと思われたプレミアリーグ優勝を果たした。

 そして、その中心に日本人選手がいることは非常に名誉なことである。日本代表の岡崎慎司はレスターの主力として多くの試合でスタメン出場し、その献身的なプレーで優勝に貢献した。

 岡崎のひたむきで実直なプレーは観る者を勇気づけ、日本のみならず世界中のサッカーファンに夢と希望を与えた。

 しかし、岡崎がピッチ外で与えたのは「夢」や「希望」だけではない。彼は、日本サッカーに多大な経済的な貢献をもらたしているのだ。

 昨年夏に岡崎がマインツからレスターへ移籍した際の移籍金は、報道では推定1100万ユーロとされており、1ユーロ=120円(6月15日現在のレート)で換算すると13億2000万円となる。

 この移籍金の一部が、岡崎が育成年代で所属していた宝塚ジュニアフットボールクラブ(以下、宝塚ジュニアFC)、滝川第二高校、清水エスパルスに分配されるのである。

 FIFAが制定する『選手の地位並びに移籍に関する規則』の「Solidarity Contribution(=連帯貢献金)」に、分配される比率が明文化されている。

 同規約に基づけば3チームはそれぞれレスターから連帯貢献金として大きな利益を得る権利がある。

 レスター広報に確認を取ったところ、「連帯貢献金に関してクラブが義務を果たしていることは確認しています」という短い返答があった。

 では、岡崎がもたらした『連帯貢献金』とは何なのだろうか。また、岡崎がマインツからレスターへ移籍したことでどのくらいの金額を得ることができるのだろうか。

1/3ページ

最終更新:6/16(木) 11:27

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。