ここから本文です

イケメン・ドイツ指揮官の“不潔癖”にファンがっかり…「無意識だった」と謝罪

フットボールチャンネル 6/16(木) 12:10配信

 ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督が15日に記者会見に臨み、話題になっている自身の悪癖を謝罪した。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 イケメンと評判の高いレーヴ監督だが、同監督にはその評価を下げるような悪癖がある。試合で劣勢に陥ったり、選手がミスを連発したりするとその癖が無意識に出てしまうようだ。その癖とは、鼻の穴をほじったり、体の様々な部位を掻いたりする癖である。

 そのことについて記者会見で尋ねられたレーヴ監督は「ビデオを見たよ。すまなかったね。もう起きてしまったことだから仕方がない」と謝罪すると「試合中にはアドレナリンが溢れ出るし、集中していると気付かないうちに勝手に無意識な行為をしてしまうものなんだ。これからは控えるよう気を付けるよ」とその行為を説明している。

 この悪癖は、これまでにも頻繁に目撃されているようだ。時には鼻くそを食べてしまうこともあるようで、その場面が頻繁にテレビカメラに抑えられているようである。2014年にブラジルで開催されたワールドカップでは、グループリーグでポルトガルと対戦したその試合後に、鼻をほじったとされる手でポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウドと握手としたとして話題になったようだ。

 さらに、脇の下の臭いを嗅ぐ癖もあるようである。その仕草も何度もテレビカメラを通じて目撃されているようだ。

 悪癖は誰にでもあるものだが、ドイツ代表はEURO2016の優勝候補の一角とされていることからも、残念ながらこれからも引き続きレーヴ監督の悪癖は注目されそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/19(日) 14:24

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。