ここから本文です

ベイルが魅せた! イングランド戦でEURO2戦連発となる衝撃の30メートルFK弾

Football ZONE web 6/16(木) 23:29配信

移籍金116億円の実力を“英国ダービー”で見せつける

 ウェールズの大黒柱、レアル・マドリードFWギャレス・ベイルが衝撃のスーパーFKを叩き込んだ。欧州選手権(EURO)第2戦となったイングランドとの「英国対決」で、約30メートルの直接FKを叩き込んで先制ゴールをマークした。初戦のスロバキア戦に続く、2試合連続のFK弾。2013年にトットナムからフットボール史上最高額となる116億円で移籍したエースは、圧倒的な実力を見せつけた。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 ランスで行われたダービーマッチは序盤からイングランド優勢の展開だったが、前半42分にベイルが魅せた。自らのファウルで得た直接FKのチャンス。ゴールから約30メートルの距離があったが、絶対的エースの背番号11には関係がなかった。左足を一閃すると、強烈なシュートはGKジョー・ハートの手元で急激に落ちる。このボールにハートは左手を伸ばしたが、弾き切れずゴールネットを揺らした。ベイルの衝撃的な2試合連続FK弾で、ウェールズが先制を果たした。

 レアル移籍後、3年間で2度UEFAチャンピオンズリーグ優勝に貢献しているベイルは、初戦のスロバキア戦では前半10分に、ゴール正面やや右の位置で得たFKを得意の左足で叩き込んだ。ボールを押し出すように放たれたシュートは、GKの手前でストンと急激に落ちる驚異的な変化を見せ、相手GKは全く対応できない一撃を決めていた。

 隣国イングランド相手に決めたFKでのスーパーゴールで、スタジアムに駆けつけたウェールズファンを歓喜の渦に巻き込んだ。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/16(木) 23:29

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。