ここから本文です

“ロシアのモウリーニョ”はタダ働き!? 母国のため無給で代表チームを指揮

フットボールチャンネル 6/16(木) 14:30配信

 ロシア代表のレオニド・スルツキ監督は、どうやら無給でチームを指揮しているようだ。英紙『デイリー・メール』が伝えている。

【EURO2016 最新の順位表】

 ジョゼ・モウリーニョ監督と同様に選手時代は無名であったことから“ロシアのモウリーニョ”の異名をとるスルツキ監督は、CSKAモスクワとの兼任で指揮を執っている。

 しかし、ロシアサッカー協会から給料は受け取っておらず、あるのは優勝ボーナスだという。EUROで無給なのは、全チーム含めてスルツキ監督のみである。

 ロシア代表は前監督としてファビオ・カペッロ氏が指揮を執っていたが、昨年7月に解任されている。ただ、ロシアサッカー協会とカペッロ氏の契約は2018年まで残っており、年俸700万ポンド(約10億5000万円)を支払わなければならない状況にある。

 違約金には1100万ポンド(約16億5000万円)が発生するため、ロシアサッカー協会は新たな監督を招聘するための資金が不足しており、スルツキ監督は母国のために無給での指揮を受け入れた。

 EUROでは2試合を終えて1分1敗のロシア代表。スルツキ監督がボーナスを受け取れる優勝までの道のりは険しそうである。

フットボールチャンネル

最終更新:6/16(木) 16:17

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。