ここから本文です

Jリーグでまたも差別ツイート。J2長崎の北朝鮮代表MF李栄直が被害に

フットボールチャンネル 6/16(木) 16:56配信

 J2のV・ファーレン長崎に所属する北朝鮮代表MF李栄直に対して、差別的なツイートが投稿された。

 在日朝鮮人の李栄直は大阪府出身で、徳島ヴォルティスを経て昨年から長崎でプレーしている。北朝鮮代表としては2015年アジアカップやロシアW杯二次予選のメンバーにも選出されている。

 問題のツイートは、北海道コンサドーレ札幌を名乗る匿名の人物から投稿されたものであり、在日朝鮮人への差別的な内容が書き込まれていた。当該人物はこの1週間で20回以上の差別ツイートを投稿しており、別のユーザーからは非難の声が上がっている。

 被害に遭った李栄直は、「今住んでいて良い人しかいないしいつも支えて貰ってる人達がいる長崎県のことを悪くいうのは辞めてほしいです。日本で生まれ育ちお世話になった人も沢山います。その中でも自分が在日であること朝鮮人であることに誇りをもって生きていきたいです」と返答している。

 Jリーグではつい最近にも、浦和レッズのサポーターを名乗る人物が鹿島アントラーズのカイオに対して黒人を差別するツイートが投稿されて問題となっていた。

 浦和は昨年にも差別ツイートが問題になったことから、当該人物への法的措置も辞さない構えを見せている。

フットボールチャンネル

最終更新:6/16(木) 19:17

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。