ここから本文です

ネイマール、ブラジル敗退後の「クソでもしてろ」発言を後悔。「悲しかった」と理由を説明

フットボールチャンネル 6/16(木) 18:34配信

 バルセロナのネイマールは、ブラジル代表のコパ・アメリカ敗退直後の発言に後悔しているようだ。15日付け『マルカ』が報じた。

 ブラジル代表はコパ・アメリカのグループリーグ最終節ペルー代表戦で相手FWのハンドによるゴールが認められて0-1の敗戦。それと同時にコパ・アメリカからの敗退も決定した。

 敗退決定直後、ネイマールは自身のSNSアカウントに「今からくだらないことを話し出す人々(ジャーナリスト)が現れるだろう。クソでもしてろ。これもサッカーのひとつだ」とコメントを投稿。

 しかし、ネイマールのコメントはネガティブな反応を呼ぶこととなり、本人も「みんなが自分のコメントが度を過ぎてたと教えてくれたよ。確かに言いすぎた。認めるよ。自分のコメントで気を悪くした人たちにはすまないと思っている」と謝罪した。

 なお、ネイマールが投稿したコメントは「ペルー戦の後にしたもので、自分もチームの一員であり敗退は悲しかったし、周りの言葉に非常に腹が立っていた」と理由を説明。

 グループステージ敗退によってドゥンガ監督が解任されるなど逆風が吹くブラジル代表だが、「尊敬を欠くことなく、みんな一緒になって進んでいかなければならない」と前を向いた。

 コパ・アメリカには不参加だったネイマールだが、母国で開催されるリオ五輪ではオーバーエイジ枠として出場する。

フットボールチャンネル

最終更新:6/16(木) 19:13

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。