ここから本文です

フォルクスワーゲン傘下のシュコダ、米進出を検討か

Forbes JAPAN 6/16(木) 12:00配信

ディーゼル不正(排ガス規制逃れ)の発覚で深刻な打撃を受けているフォルクスワーゲン(VW)が、現在の中核モデルに代わる格安ラインとして傘下のシュコダ(Skoda)ラインの米進出を検討していると報じられている。

【写真】小型クロスオーバー「イエティ」

ロイター通信によれば、シュコダは北米をはじめ、現在は販売を行っていない地域の市場への参入の可能性を評価中。スペルブ(セダン)、オクタビア(4ドアハッチバックとワゴン)、そしてイエティ(小型クロスオーバー)の3つのモデル名について、商標登録を申請したということだ。

シュコダは東欧での売れ行きが減速傾向にあるとされている。VWが販売不振に苦しむ米市場に進出すれば、特にここ数年は力を入れていなかった低価格市場での売上増につながる可能性がある。現在、米市場で販売されているフォルクスワーゲンの車の中で最も低価格なのはゴルフ。低価格とはいえ、1台およそ1万8,500ドル(約196万円)からだ。

1990年にVWの子会社となったシュコダの車は、チェコ、中国、ロシア、インドとスロバキアで生産が行われている。今後注視すべきは、米消費者がこれらの地域で生産された車を買おうと思うかどうかだ。一定の年齢の消費者たちは、80年代に北米市場で大失敗したザスタバ社のユーゴ(Yugo)を思い出すだろう。旧ユーゴスラビアで生産され、北米で輸入・販売されたユーゴは破格の低価格だったが、あまりの品質の悪さに販売が行き詰まり、撤退した。

また、シュコダ自身もかつて1960モデルイヤーの小型クーペを米市場に輸出したが、値段設定が高すぎたことと品質に信頼を得られなかったことですぐに撤退した過去がある。そのため、シュコダが米市場で存在感を示せるかどうかについてアナリストたちは懐疑的だ。米消費者の間で人気が高いSUVやクロスオーバーの開発について、同社は出遅れた感が否めない。

西欧におけるブランドイメージは向上

それでもウィキペディアによれば、VWは買収した後、シュコダの製品ラインに、よりモダンなデザインと技術を導入してきた。それによって西欧におけるシュコダのブランドイメージは「自動車界の笑いの種」から「まとも」に変化。2015年には、市場調査会社J.D.パワーがイギリスで実施した調査で、最も信頼できる車ランキングのトップに輝いた。

いずれにせよ、VWにとっては、低価格ラインを拡充するなら今がいいタイミングだと言えるかもしれない。まだ詳細は一切判明していないが、シュコダの車は、VWの既存の販売網を通じて北米デビューを果たすことになるだろう。狙いはディーラーとの関係強化、そして、別個のショールーム建設によるさらなる財政的苦難の回避だ。

シュコダの米進出検討は、VWの2025年までの中期経営戦略の一環とされており、同社は決断を急いでいないという。米国内のハイウェイでシュコダの車が見られるようになるのは、進出したとしてももうしばらく先かもしれない。

Jim Gorzelany

最終更新:6/16(木) 12:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。