ここから本文です

ツイッター、音楽ストリーミング「サウンドクラウド」に70億円出資

Forbes JAPAN 6/16(木) 11:46配信

ツイッターはこれまで常に音楽分野に関心を示してきたが、同社は音楽配信の分野でも独自の歩みを始めたようだ。複数の情報筋が、ツイッターがサウンドクラウド(SoundCloud)に7000万ドル(約74億円)を出資したと伝えている。



サウンドクラウドは現在、1億7500万人の利用者を抱えるベルリン発の音楽共有サービス。Recodeが伝えたところでは、今回の出資は今後の新たな調達ラウンドの一部であり、 総額ではおよそ1億ドルがサウンドクラウドに投じられるという。

ツイッターは2年前にもサウンドクラウドの買収を検討したが、その際は結局実現しなかった。今回の出資ではサウンドクラウドを買い取るのではなく、出資するという選択をとったわけだ。

サウンドクラウドは今年3月、有料ストリーミングサービス「SoundCloud Go」を開始したが、さほどの支持は得られていない。その状況下でツイッターから資金を獲得することは理にかなった判断と言える。DJやミュージシャン等のアーティストから愛されるサウンドクラウドは、コアな音楽好きにも支持されており、大きな成長の可能性を秘めている。

今後、サウンドクラウドとツイッターがどのような取り組みを始めるのかは、未だ不明だが、ソーシャルメディアにとって音楽が重要な要素となることは明らかだ。ここ数年、フェイスブックがストリーミング分野に進出すると噂されてきたが、同社はこれを否定している。

ツイッターとサウンドクラウドのコラボはどのようなハイブリッドを生み出すのか。今後の動向に大いに注目したい。

Hugh McIntyre

最終更新:6/16(木) 11:46

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。