ここから本文です

香川真司の良き相棒またはライバルに? ドルトムント移籍の18歳エムレ・モルがEUROで垣間見せたポテンシャル

SOCCER DIGEST Web 6/16(木) 16:00配信

縦の鋭さが足りなかったトルコの攻撃をスピードアップさせた。

 少年のような顔立ちの小柄な背番号21が、タッチライン際に立つ。69分、ジェンク・トスンに代わってピッチに送り出されると、トルコ・サポーターはこれまで以上の野太い声でエールを送った。
 
 トルコにとってEURO2016の初陣だった6月12日のクロアチア戦で、メジャー大会デビューを飾ったのが、18歳の神童エムレ・モルだ。
 
 今年に入ってU-21代表に飛び級で入ったが、A代表のEURO2016予選は出場はおろか招集すらなし。しかし、15-16シーズンに生まれ育ったデンマークのノアシェランで一気に台頭し、本大会に向けた登録メンバーに大抜擢されると、5月29日のモンテネグロ戦で初キャップを刻む。6月7日には今夏のドルトムント移籍が決定した。
 
 投入時はトルコが1点のビハインドを負っており、担ったのは「攻撃の切り札」という役割で、触れ込みは「トルコのメッシ」だ。
 
 さて、どんなものかと注視していると、いきなり相手の最大のスター、ルカ・モドリッチに蹴りを食らわせる。パーソナリティーは強そうだ。
 
 ポジションは4-2-3-1のトップ下。168cm・60kgの軽量級、正確なテクニック、ほぼ左足一本のプレースタイル、重心の低さ、一気に加速するドリブル――。なるほど、たしかにメッシとの類似点は多い。
 
 Aマッチ3試合目の18歳ながら積極的にボールを要求し、80分には右サイドに流れて華麗なヒールパス、90分には切れ味鋭いドリブルからシュートを放った。
 
 初の大舞台でさすがに緊張はあったかミスも少なくなく、結果的にゴールやアシストは記録できなかったとはいえ、アジリティ―とテクニックで縦の鋭さが足りなかったトルコの攻撃をスピードアップさせ、変化を付けていた。
 
 若手の目利きに定評のあるドルトムントが目を付けただけあって、ポテンシャルは間違いなく高い。新シーズンのドルトムントはヘンリク・ムヒタリアンの売却を余儀なくされそうで、エムレ・モルはその後釜として位置づけになりそうだ。
 
 4-3-3なら右サイドアタッカー、4-2-3-1なら右サイドかトップ下が主戦場になる可能性が高く、日本代表の香川真司の良きパートナーまたはライバルになるかもしれない。
 
 初戦のパフォーマンスを考えれば再び出番がやってきそうで、6月17日のスペイン戦、6月21日のチェコ戦でも注目したい逸材だ。
 
現地取材・文:白鳥大知(サッカーダイジェスト特派)
 

【EURO2016】ブレイク候補のエムボロが2試合連続の低調……。スイス人記者が明かすそのワケ

最終更新:6/16(木) 16:15

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。