ここから本文です

ジューシーでスパイシー、うまさ満点! マレーシアの“三大チキン”に注目

CREA WEB 6/16(木) 12:01配信

 マレー半島とボルネオ島北部にまたがる常夏の国、マレーシア。実はこの国、知る人ぞ知る美食の国なのです。そこでこの連載では、マレーシアの“おいしいごはん”のとりこになった人たちが集う「マレーシアごはんの会」より、おいしいマレーシア情報をお届け。多様な文化が融け合い、食べた人みんなを笑顔にする、とっておきのマレーシアごはんに出会えますよ。

私たちの偏愛は、鶏料理から始まりました

「マレーシアのKFC(ケンタッキー・フライド・チキン)は、日本のよりおいしい」。

 これ、マレーシア好きの日本人のあいだで、まことしやかに噂されている説。真実のほどはよくわかりませんが、ここでお伝えしたいのは、ずばり、マレーシアの鶏料理はおいしい!  ということ。何を隠そう私も、マレーシアで初めて鶏料理を食べたとき、そのうまさにビックリ!  肉そのものの味も、バラエティに富んだ調理法も、見事なのです。

 さまざまな宗教の人が暮らすマレーシア。そのため、食事の調理法や使う食材は、それぞれの宗教のルールが反映されたものになっています。たとえば、イスラム教徒は豚肉、ヒンズー教徒は牛肉を食べないので、彼らに向けたお店では、それらのお肉は提供していません。

 そのなかで、宗教的にしばりのないお肉が、鶏肉です。鶏肉は、どんな宗教の人でも食べられます。食べる人の数が多くなればなるほど市場が広がり、味のクオリティも高まる、というわけ。地鶏「カンポン・チキン」は、かむごとにお肉のしっかりとしたうま味が口中に広がって、本当に美味!  そんなマレーシアで愛されている鶏料理マイベスト3を紹介します! 

屋台料理の定番!炙り焼きの「チキンウィング」

 パリッと弾ける皮、ふっくらジューシーな肉質。醤油ベースのタレに漬け込んだチキンウィング(手羽先)は、炭火で香ばしく焼いて、アツアツの状態でテーブルへ。はふはふしながら口に放りこみ、ビールをぐいっと飲めば、まさに「マレーシア、最高!」の味です。

マレーシアにも唐揚げ好きは多い!彼らが愛する「アヤムゴレン」

 唐揚げ好きの人には、マレーシアの唐揚げ「アヤムゴレン」がおすすめ。特徴は、しっかり揚げられたサクサクの皮。最初はちょっと厚めかな?  と思ったのですが、食べてみるとこれがうまい!  かみしめるごとに、生姜、にんにく、カレーリーフ、レモングラスなどの風味が豊かに広がり、これぞマレーシア料理の神髄の味。

1/2ページ

最終更新:6/16(木) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。