ここから本文です

懐かしエピソード満載! 思い出の菓子パンTOP10

R25 6/17(金) 7:01配信

学生時代、友人たちとの買い食いが青春の1ページとして残っている人は少なくないはず。その場面できっと欠かせなかったのが、安くておいしい「菓子パン」だろう。そこで、懐かしい思い出が蘇る、「思い出深い菓子パン」について、25~34歳の会社員男女各100人(合計200人)を対象にアンケート調査を行った。

■学生時代の思い出の菓子パンTOP10
(23項目の中から上位1~3位を選択。1位=3pt、2位=2pt、1位=1ptで計算。R25調べ・協力/アイリサーチ)

1位 「北海道チーズ蒸しケーキ」 173pt
2位 「大きなチョコチップメロンパン」 140pt
3位 「ランチパック」 135pt
4位 「薄皮ミニパンシリーズ」 126pt
5位 「銀チョコロール」 92pt
6位 「チョコチップスナック」 71pt
7位 「ミニスナックゴールド」 52pt
8位 「スナックパンチョコ」 44pt
9位 「大きなメロンパン」 40pt
10位 「ローズネットクッキー」 39pt

最近、冷凍させると美味い! と話題になった「北海道チーズ蒸しケーキ」が1位。また、2位の「大きなチョコチップメロンパン」をはじめ、“チョコ”がついた菓子パンが続々とランクインした。それぞれを選んだ理由と、思い出のエピソードも教えてもらった。

【1位 北海道チーズ蒸しケーキ】
きつね色の表面に北海道の形のマークが入った、見た目が印象的な蒸しケーキ。「安くてコストパフォーマンスがいい」(30歳・男性)、「ずっしりとしているのに、値段が安くて食べ応えがあった」(31歳・女性)と、価格の安さと重量感が好評。「レンジで温めて食べるのが好きだった」(28歳・女性)、「学校近くのコンビニで買っていたので早く来たものが買えるという争奪戦になりました」(32歳・女性)などのエピソードも。

【2位 大きなチョコチップメロンパン】
さくさくのビスケット生地に、チョコチップがびっしり詰まった同商品。「メロンパンとチョコが好きなので発見したときは歓喜した。3食このパンということもあった」(33歳・男性)、「当時はメロンパンにチョコチップが入っていることに感動して、わざわざ遠くのコンビニまで買いに行ったことがある」(27歳・女性)と、夢の組み合わせに魅了された人が多いようだ。

【3位 ランチパック】
人気女優のCMでおなじみの「ランチパック」。「部活の時、いろいろな味のものをみんなで持ち寄った」(33歳・男性)、「食べやすいし、種類が多くて好きだった」(28歳・女性)と、種類の豊富さを挙げる人が目立つ。「惣菜パンが好きだから。手が汚れないから、好きだった」(32歳・女性)と食べやすさを評価する人も。

【4位 薄皮ミニパンシリーズ】
つぶあん、チョコなどが入った一口パンが、1袋に5つほど入っているお得感満載のシリーズ。「安いのに中の具が多かったので好きだった」(32歳・男性)、「朝はパンよりもご飯派だったのですが、薄皮シリーズはクリームや小倉などの具がたくさんなので、好きで、食べながら自転車通学してました」(29歳・女性)と、具の量を賞賛する意見が多数。

【5位 銀チョコロール】
ミルクとチョコクリームが入ったロールパンを、チョコでコーティング。「チョコがたっぷりついていて好きでした」(30歳・女性)とチョコ好きにはたまらない商品だったようだ。男性が得票数の約7割と多く、「安くて、これを食べるとモテたから」(26歳・男性)、「インパクトがほしいとき」(27歳・男性)と、ゴツイ見た目と味が人気だったようだ。

そのほか、こんな思い出も。

【6位 チョコチップスナック】
「スティック状で食べやすいので、朝の時間のないときにササッと食べた」(31歳・女性)

【7位 ミニスナックゴールド】
「朝ご飯があまり食べられなかった私に、おばあちゃんがよく買ってきてくれていた」(28歳・女性)

【8位 スナックパンチョコ】
「友達がよく食べていてもらった」(28歳・男性)

【9位 大きなメロンパン】
「昼休みに時々売店で買って食べるのが楽しみだった」(30歳・男性)

【10位 ローズネットクッキー】
「高カロリーかつ安いので、お金のない身にはありがたかった」(31歳・男性)

お金のない学生時代、安くて大きな菓子パンはまさに財布の“救世主”だった。久しぶりに甘いパンをかみしめて、ほろ苦い思い出に浸るのもよいかもしれない。

(藤あまね)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/17(金) 7:01

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。