ここから本文です

暑い日こそ食べたくなる!スンドゥブ風ピリ辛スープ

東京ウォーカー 6/17(金) 16:00配信

「今日もあつ~い、でもピリ辛な料理が食べたい」と思ったときにできる、魚介のうまみたっぷりのスープをご紹介。6月から7月が旬のたこや帆立、野菜と豆腐を使った具だくさんスープで、食べ応えがありながらもカロリーは1人前322kcal、しかも簡単ですぐにできる。ご飯にかけたり、麺を入れるのもおすすめだ。

【写真を見る】もやしは白く透明感があり、色つやがよくてかたくしまっているものを選ぼう

【主菜】スンドゥブ風(1人分322kcal、塩分1.9g)

<材料・2人分>絹ごし豆腐…1丁、ゆでだこの足…80g、ボイル帆立…4個(約100g)、長ねぎ…15cm、もやし…1/2袋、白菜キムチ…100g、だし汁…3カップ・酒、みそ、ごま油

<作り方>1.豆腐は8等分に切り、たこは一口大の乱切りにする。ねぎは5mm幅の斜め切りにし、もやしは目立つひげ根を除く。キムチは大きければ、食べやすく切る。2.鍋にだし汁、酒大さじ1を入れて火にかけ、煮立ったら、ねぎ、キムチ、たこ、帆立、もやしを加える。ひと煮立ちしたら、アクを除いてみそ大さじ1を溶き入れる。豆腐を加え、弱めの中火で8分ほど煮る。豆腐が温まったら、香りづけにごま油大さじ1/2を加える。●だし汁は煮干しだしがおすすめ。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:6/17(金) 16:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。