ここから本文です

江戸時代のポップカルチャー、国芳と国貞の浮世絵展

東京ウォーカー 6/17(金) 20:10配信

神戸市立博物館(神戸市中央区)では、幕末の浮世絵師の作品を展示する「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」が、6月18日(土)から開催される。

【写真を見る】国芳ならではの伊達男像の傑作。歌川国芳「国芳もやう正札附現金男 野晒悟助」 弘化2(1845)年頃

アメリカのボストン美術館は、古典美術、エジプト美術、版画、ヨーロッパやアメリカの美術など、古今東西約40万点のコレクションを誇る。その中でも約10万点が日本美術の作品で、半数以上を浮世絵が占めている。

今回のイベントでは、ボストン美術館の中でも人気が高い、歌川国芳(くによし)と歌川国貞(くにさだ)の約1万4000枚の作品から、選りすぐりの170件(約350枚)を展示する。

歌川国芳と歌川国貞は、役者絵の巨匠である初代歌川豊国の門下。同時代を生きた兄弟弟子だが、大胆かつ豪快な構図で、武者絵や戯画を得意とした国芳に対して、粋で緻密な表現で役者絵や美人画のスタンダードを築いた国貞と、作風は対照的。会場では、2人の名作を同一テーマで比較展示する。

また、国芳の「髑髏彫物伊達男」には“スカル&タトゥー・クールガイ”、国貞の「今様江戸女子姿」には“エドガールズ・コレクション”といったように、展示の各章のタイトルには、現代的でポップなルビ(ふりがな)がふられるなど、浮世絵の初心者でも楽しめる工夫がされている。

これだけの作品が出展されるのは、1876年のボストン美術館の開館以来、初めてのこと。これらの作品は一度貸し出されると5年間は公開されなくなるので、この機会に江戸時代のポップカルチャーを体感しよう!【関西ウォーカー】

最終更新:6/17(金) 20:10

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。