ここから本文です

アートで見るスター・ウォーズ展があべのハルカスで開催

東京ウォーカー 6/17(金) 20:13配信

日本一高いビルのあべのハルカス(大阪市阿倍野区)にある、あべのハルカス美術館では、「スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン」を7月16日(土)から開催する。

【写真を見る】エピソード4・5・6の主人公、ルークを描く/ジェローム・ラガリーグ 無題「コックピット内のルーク・スカイウォーカー」

東京・六本木ヒルズで開催された際には、入場まで5時間待ちを記録したほど、大人気だった同イベント。

あべのハルカス美術館では、ジョージ・ルーカスが、世界中から選りすぐったアーティストに依頼し、スター・ウォーズをそれぞれの解釈で描いたアート作品が並ぶ。

さらに、映画制作で実際に使用された、ルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティヴ・アート所蔵のコンセプトアートや衣裳、小道具など約150点が展示される豪華な内容だ。

会場内は、スター・ウォーズを構想する原点となった、コンセプトアートが楽しめる“スター・ウォーズの原点”、物語を語る上で欠かせない、魅力あふれる登場人物たちを紹介する“サーガと運命の肖像”、映画で使用されたライトセーバーと共に、フォースに関するアートが並ぶ“フォースの光と闇”など、7つのエリアで構成。

マニアはもちろん、スター・ウォーズ初心者でも、純粋にアートとして楽しめる。

また、イベント限定グッズの他、大阪会場だけの記念メダルも購入できる、スター・ウォーズの関連商品が並んだグッズショップも登場する。【関西ウォーカー】

最終更新:6/17(金) 20:13

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。