ここから本文です

藤原さくら、異例の“9冠”達成に「本当に幸せです!」

Smartザテレビジョン 6/17(金) 22:27配信

6月13日に最終話を迎えたフジテレビ系“月9”ドラマ「ラヴソング」に、ヒロイン“佐野さくら”役で出演した20歳のシンガーソングライター・藤原さくらが、“本業”の方でレコチョクランキングを席巻する快進撃を見せている。

【写真を見る】次世代の“歌姫”藤原さくらにブレークの兆し!

「ラヴソング」で主演を務めた福山雅治が作詞・作曲を手掛けたドラマ主題歌「Soup」、劇中歌「好きよ 好きよ 好きよ」、そしてカバー曲「500マイル」といった楽曲が、レコチョクのさまざまなダウンロードランキングで1位を獲得し、ロングヒットを続けている。

さらに、スマートフォン向け定額制音楽配信サービス「dヒッツ(R) powered by レコチョク」におけるプログラム再生ランキングも1位となり、ダウンロードでも、ストリーミングでも1位、計“9冠”の快挙を達成した。

この快挙を受け、藤原は「レコチョクでたくさんの人に曲を届けられていることが本当に幸せです! ぜひいっぱい聴いてください! ありがとうございます!!」と喜びのコメントを寄せた。

「Soup」は、藤原にとって初のシングル作品。CD発売日の6月8日には、同日付のレコチョクランキングで、新人としては異例のTOP3独占ランクインする偉業も成し遂げた。内訳は、「Soup」に収録されている「500マイル(佐野さくら with 神代広平 Ver.)」が1位、「好きよ 好きよ 好きよ」が2位、「Soup」が3位に。

その後も9日間、シングルランキングのトップ10に3曲がランクインし続けている。

そして6月17日に放送された「ミュージックステーション SP」(テレビ朝日系)にも出演し、初共演の“先輩”タモリとの同郷トークで盛り上がり、ライブも堂々たる歌いっぷりを披露した。

天真らんまんで、歌唱力もあり、トークもイケるとあって、今後ますますの飛躍が期待される藤原。彼女がアーティストとしてきれいな桜を咲かせる日も近そうだ。

【藤原さくら『Soup』収録楽曲のレコチョクランキング1位獲得状況】

「ダウンロードランキング」

■「Soup」レコチョクランキング デイリー1位(5月16日付、初登場1位)

■「好きよ 好きよ 好きよ」レコチョクランキング デイリー1位(5月23日付、初登場1位)

■「500マイル」(佐野さくら with 神代広平 Ver.)」(6月8日付、初登場1位)

■「Soup」着うた(R)ランキング デイリー1位(6月8日付、初登場1位)

■「Soup」着うた(R)ランキング ウイークリー1位(6月14日付)

■「Soup」ビデオランキング デイリー1位(6月14日付)

■『Soup』アルバムランキング デイリー 1位(6月8日付、7日間連続1位)

■『Soup』アルバムランキング ウイークリー1位(6月14日付)

「定額制音楽配信ランキング」

■「dヒッツ(R) powered by レコチョク」プログラム再生ランキング1位(6月10日付、5日間連続1位)

最終更新:7/4(月) 18:18

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。