ここから本文です

有吉、爆笑、くりぃむも太鼓判!ひとりエッチとバター犬はタブー!? 大久保佳代子が語るテレビとエロ

サイゾー 6/17(金) 15:00配信 (有料記事)

――バラエティ番組で笑いが生まれやすいネタと言えば、エロ。しかし、時にその内容が翌日のネットニュースなどで批判を浴びることもしばしば。では、許されるエロと炎上するエロの境目とはなんなのか?“気品ある下ネタご意見番”ことエロババア・大久保佳代子に直撃!

――エロ特集巻頭「許されるエロと炎上するエロの境界」企画ですが、大久保さんは、テレビでキワどい下ネタを言っても猛烈に叩かれることは少ないと思います。自身でもそのような認識は?

大久保佳代子(以下、大久保)たまに批判めいた記事も目にしますけど、たぶん少ないほうだと思います。「このまま年を取って結婚しなかったら、大久保さんみたいな性欲ババアになっちゃう」といった〈エロいおばさん〉の例えとしてはよく出てくるかな。「大久保さんの下ネタは下品に聞こえない」と言われることもあるんですが、育ちはよくないし、考えていることも下品だし、顔つきも下品なので、なにがそう思わせてるのかわかりません。どこまで言っていいか、自分なりによく考えてはいますけどね。

――実際、どこまではOKで、どこからはNGと考えているんでしょうか?

大久保 状況によって、ですね。基本的に直接的な表現は避けていますが、「……ここはイケるな!」というときは、思い切ってそういう言葉をぶつけるときもあります。私が出演している番組の多くは、観覧客を入れているんですが、わかりやすくちゃんとツッコんでくれる相手がいれば、観覧客も「笑っていいんだ」という空気になって笑いますし、ツッコまれなければあからさまに引いてしまうので、受け手と観客席の反応はよく見るようにしていますね。観覧客が入っていない番組は、編集でどうにでもなると思うんで、基本はなんでも言っちゃうかな。

――すると、過去にはドン引きされた経験もあったり?

大久保 だいぶ学習したんで最近はなくなってきましたけど、例えばイケメンタレントに迫ることを求められ、体をまさぐったときがあったんですね。腹筋まではまだよかったんだけど、胸やおなかの下に手が及んだときは、客席が明らかに引いていたというか。そのときは、ネットでもファンの人たちから、かなり叩かれましたね。ただ最近は「きれいな女優さんが触ったりしたら嫌だけど、大久保さんならいい」と思われている節もあるので、ババアのなせる業というか、私はもう“女性として見られない”違う域に達したのかもしれませんね。

――今や大久保さんのエロ話や下ネタには、安心感がありますからね。

大久保 下ネタって、多少の嫌悪感を持たれないと、あまり意味がないと思っているんですよ。ポップで乾いた下ネタよりも、どこかジトッと湿ったところが残っているほうが好き。私は、その湿り気を大事にしてます。だからなおさら「下品に聞こえない」というのは不思議なんですよね。

――テレビ局側から「やりすぎ」と注意されたことはありますか?

大久保 打ち合わせのときに、「大久保さん、お昼の番組なんで……」とライトに言われたことはあります。カチンときますよね。「それくらいわかってるわ!」って。ただ、最初に私をよく使ってくれた番組が『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)と『金曜☆ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、特にロンハーはドギツいことを言っても出演者もスタッフも喜んでくれるし、編集後のオンエアでも結構使われるんですよ。その経験が下地としてあるので、意外と大丈夫なんじゃないかなとか、昼の番組でも「あとで編集すればいいでしょ」と、どこかで思っているところはありますね。ただ、NHKだけは例外。さすがにNHKで下ネタを言おうとは思わない。本文:10,381文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:6/17(金) 15:00

サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2016年12月号
11月18日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:人気映画の裏話
第2特集:「アスペ」増殖論争勃発か?
第3特集:「春画」ブームの正体

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。