ここから本文です

石田スイ原作『東京喰種トーキョーグール』実写映画化決定 公式サイトもオープン

リアルサウンド 6/17(金) 0:32配信

 累計発行部数1800万部を誇る石田スイ原作の漫画『東京喰種トーキョーグール』が、『東京喰種』として実写映画化されることが決定した。

 本作は、2011年から週刊ヤングジャンプにて連載が開始された同名漫画を実写化したダークファンタジー。日常に隠れて生きる正体が謎に包まれた人を喰らう怪人“喰種“が跋扈する東京を舞台に、読書好きの平凡な大学生・カネキが、自分と同じ作家を愛読する少女・リゼと出会ったことにより、運命が大きく変わっていく模様を描く。

 なお、『東京喰種トーキョーグール』は、2014年にアニメ化、2015年には舞台化やゲーム化などを果たしている。キャストや公開日などの詳細は、現時点では一切発表されていないが、配給の松竹による公式サイトでは、作中の印象的なセリフをベースに、背景で切り替わるカネキとトーカのシルエットが確認できる。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/17(金) 0:32

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。