ここから本文です

交代策が的中! イングランドがウェールズとの”英国対決”を逆転で制し16強に前進

Football ZONE web 6/17(金) 0:28配信

ヴァーディ同点弾、スターリッジ逆転弾! 2-1で隣国のライバルを破る

 欧州選手権(EURO)グループリーグ屈指の注目カードとなった「英国対決」は、劇的な展開となった。今季欧州サッカーの主役を務めたウェールズ代表のFWギャレス・ベイルとイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディがそれぞれ得点を決めた白熱の攻防は、最後は試合終了間際にFWダニエル・スターリッジの決勝弾が生まれてイングランドが見事な逆転勝利を収めた。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 ランスで行われたダービーマッチは、両軍サポーターのハイテンションに呼応するかのように、キックオフ直後にイングランドがいきなりゴール前に迫った。そして前半7分にはFWハリー・ケインのポストプレーからMFアダム・ララーナが抜け出しペナルティーエリア内に入ってラストパスを送ると、ゴール前のFWラヒーム・スターリングが合わせる。完璧なカウンターだったがスターリングはバウンドを合わせ損ね、最初の決定機を逃してしまった。

 それ以降も、押し気味に試合を進めたのはイングランドだった。同25分、右からのFKでFWウェイン・ルーニーが蹴ったボールがDFガリー・ケイヒルの頭に合ったものの、ウェールズのGKウェイン・ヘネシーの正面に飛んだ。同31分には左サイドからのクロスがウェールズのDFベン・デイビースの手に当たったが、主審はPKの判定を取らなかった。その3分後にはCKからDFクリス・スモーリングが頭で合わせるも、ゴールわずか左にそれた。

 すると42分、劣勢だったウェールズのエースが魅せる。ベイル自らがファウルを受けて得た直接FKは、ゴールから約30mの距離があった。しかし背番号11が左足を一閃すると強烈なブレ球となり、イングランドGKジョー・ハートの手元で急激に落ちゴールネットを揺らす。ベイルが決めた驚愕の2試合連続FK弾でウェールズが先制を果たし、前半を1-0で折り返した。

ラッシュフォードも投入し猛攻を仕掛ける

 1点を追うイングランドは後半開始からFWヴァーディ、FWスターリッジを2枚代えで投入し、必死に挽回を図った。そして同10分、そのヴァーディが結果を残す。左サイドのスターリッジのクロスを相手DFがクリアし損ねたところ、背番号11が絶妙のポジショニングからの右足ボレーで押し込んで1-1に追いついた。“ミラクル・レスター”でも見せた決定力は、“スリーライオンズ”を救う一撃となった。

 勝ち越したいイングランドは同27分に、18歳の秘密兵器FWマーカス・ラッシュフォードを3枚目のカードとして投入した。そして後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。左サイドからスターリッジが強引に押し込むと、ヴァーディ、MFデレ・アリとつなぎ、最後はスターリッジがねじ込んで値千金の決勝点をゲット。イングランドにとっては大きな勝ち点3をものにした。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/17(金) 0:54

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。