ここから本文です

『時をかける少女』角川シネマでリバイバル上映! 公開10周年を記念

KAI-YOU.net 6/17(金) 11:30配信

細田守監督による劇場アニメ『時をかける少女』の公開10周年を記念し、7月18日(月・祝)から29日(金)にかけて、角川シネマ新宿にてリバイバル上映が行われる。

【写真をすべて見る】公開10周年を迎えた『時をかける少女』

これは、細田守監督の最新作『バケモノの子』のTV初放送を記念して行われる「スタジオ地図2016 in Summer」の連動企画。

細田守監督自身が手がけた、デジタルニューマスター版での初上映となる。

『時をかける少女』あの感動が劇場のスクリーンで再び……

『時をかける少女』は、1965年の発表以来幾度も実写映像化されてきた、筒井康隆さんによる同名のSFジュブナイル小説を原作とした長編アニメーション。

原作から約20年後の世界を舞台に、時間を飛び越えて過去に戻る「タイムリープ」の力を持つヒロイン・紺野真琴のひと夏の出会いを描く。

2006年の公開当初は全国で7館と小規模だったものの、8ヶ月にも及ぶロングラン上映を記録し、最終的には延べ100館を超える劇場で上映。

第30回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、第31回アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門特別賞なとど、国内外でさまざまな賞を受賞した。

2016年で上映から10周年を迎え、「スタジオ地図2016 in Summer」の一環として、作中に登場する東京国立博物館での野外シネマや、渋谷パルコのコラボカフェ「時をかける少女カフェ」などの記念企画を控えている『時をかける少女』。

今回のリバイバル上映では、特製ポートレートが数量・先着限定で配布される。野外シネマに続き、劇場の大画面であの感動を再び味わうことができそうだ。

(C)「時をかける少女」製作委員会 2006

かまたあつし

最終更新:6/17(金) 11:30

KAI-YOU.net