ここから本文です

実は●●との相性が抜群!「森のバター」アボカドの日本人好みの食べ方とは

サライ.jp 6/17(金) 12:20配信

黒々とした皮をむくと、濃厚でクリーミーな緑色の果肉が顔をのぞかせるアボカド。かつては珍しがられた野菜ですが、ここ数年ですっかり市民権を得ました。居酒屋からファミリーレストランまで、アボカドは外食メニューでも頻繁(ひんぱん)に登場。また、アボカド料理のみを掲載した料理レシピ集も数多く出版され、今やアボカド味の菓子まで販売されるほど。

このアボカド人気、日本だけでの現象ではないようです。じつは、ヨーロッパや米国でもアボカドの需要が増えているとそうです。それに伴い、一大産地であるメキシコを中心に、世界のアボカド生産は近年大きく増加しています。

FAO(国際連合食糧農業機関)によると、2010年の世界で生産されたアボカドの総量は389万トン。そのうちメキシコが3割近くを占め、チリ、ドミニカ共和国、インドネシア、コロンビア、ペルー……の順に生産量が多くなっています。全体の生産量は、1991年に200万トンを超えたあと、1990年代以降に急速に増えて、2002年にはほぼ400万トンに達したというから驚きです。

「森のバター」と言われるほど栄養価が高いアボカドですが、その2割弱は脂肪分。でも、心配ご無用。健康によいといわれる不飽和脂肪酸を多く含み、老化予防に効果的とされるビタミンEが豊富なのです。

日本人に受け入れられた理由のひとつに、醤油(しょうゆ)と相性がとてもいいことが挙げられます。皮をむいて1cm厚さに切り、山葵(わさび)を少し溶いた醤油につける食べ方は人気があります。

いつまでも健康で若々しくいるために、毎日の食事に取り入れてはいかがでしょう。

文/大沼聡子

最終更新:6/17(金) 12:20

サライ.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。