ここから本文です

【6月17日~19日交流戦最終節展望】巨人・菅野と千葉ロッテ・涌井のエース対決、どちらに軍配?

ベースボールチャンネル 6/17(金) 13:40配信

打線を大幅に組み変えたオリックスは連勝なるか

広島(セ・1位)―オリックス(パ・5位) マツダスタジアム

 前節・強打の西武を相手に3連勝を飾った広島はパ・5位に沈むオリックスを叩いて交流戦を締めくくりたい。初戦の先発は黒田が上がる。前回登板で8回を零封して、自身の連敗を2で止めた。2戦目の岡田はここ数試合、好投を続けている。そろそろプロ初勝利を挙げたい。打線は、エルドレッドの負傷離脱で危惧されたが、16日の試合ではルナが復帰して、即適時打を放った。西武戦で見せつけた足と長打を絡めた攻撃スタイルは得点力が高い。1番・田中、2番・菊池、3番・丸の存在は大きく、ここへきて、鈴木、下水流らも追随する。接戦にも強く、大崩れしない。

 オリックスは連敗を5で止めた。出直しを図りたい。初戦の先発は東明が上がる。今季不調がささやかれていたが、前々回登板あたりから復調の兆しを見せている。前回は8回途中自責点2と好投。登板ごとに良くなっている。今節はディクソンが登板予定とあり、何とか勝ち越しをつかみ取りたいところ。打線は15日の試合から大幅に組み替えた。好調の糸井を1番に起用し、西野を3番に、そして4番にはクラークが入っている。3年目の期待の大砲・奥浪を2試合連続スタメンに起用するなどテコ入れを図っている。その中で、前回の試合でT-岡田に一発が出た。好不調の波は誰にでもあるが、なるべく少なくしていくかどうかで大きく変わっていくはずだ。


巨人(セ・2位)-ロッテ(パ・2位) 東京ドーム

 両リーグ2位につけるチーム同士の対戦。抜け出しているリーグ首位を追いかける上で、両者とも負けられない。初戦の先発が、菅野vs涌井という両エースのぶつかり合いとあって、初戦から接戦が期待できそうだ。巨人・菅野は前回登板でソフトバンク相手に好投しながら、2失点で敗戦投手になった。パの上位を相手に2度も負けられないはずだ。チームは5連敗のあと連勝し、勢いがある。2戦目は小山が今季初先発と予想される。シーズン当初は中継ぎ待機していたが、4月17日に抹消。先発の調整を続けていたというが、このチャンスを生かせるかどうか。打線は橋本やルーキーの山本を抜擢。1、2番に据えてチャンスを与えている。長野、村田が好調で、16日の試合ではやや停滞していた坂本に一発が出た。4月27日以来の二ケタ得点を挙げるなど活気づいている。

 ロッテは現在5連勝と調子がいい。前節は接戦に強い中日を蹴散らし3タテを食らわせた。初戦の相手先発が菅野だけに、ここをどう乗り切るかだろう。エース・涌井を立てるだけに、意地でも取りたいところだ。2、3戦目はスタンリッジ、唐川の予定だ。ともに、前回登板では復調を印象付けるピッチングを見せている。特に唐川は、前回のピッチングを続けることができれば、乗っていけそうな気配さえする。指のマメが心配されるが、大事な試合となる。打線は、伊東監督があの手この手で組み替えて機能させている。角中や鈴木を除いて、調子のいい選手が週ごとに変わるが、うまく見極めている。今節はどういう組み方をしてくるかも楽しみだ。清田次第なのだが、一人が崩れても粘れる強さがある。リーグ再開へ向け、一つも負けられない。


DeNA(セ・3位)―楽天(パ・5位) 横浜スタジアム

 セ・3位につけるDeNAは連勝と連敗が交互にやってきている。その順番でいうと、今節は連勝となるが、果たしてどうか。初戦の先発はベテランの久保康が上がる。現在3連勝中で防御率も3点台を切ってきた。安定感のあるピッチングで引っ張りたい。2戦目はルーキー今永、3戦目は2試合連続完封中の山口俊とバランスのいい陣容だ。打線はやや好不調の波があるが、4番・筒香とここ数試合ロペスの代役に起用されている宮崎が好調をキープしている。それ以外の打者がいかにチャンスメイクしていくかだろう。

 楽天は一時の不調からは脱却したが、3連勝のあと2連敗と安定感はない。負けているときの要因は投手陣が崩れているケースだ。初戦の先発は塩見が上がる。前回の登板では6回6失点と試合を作れなかった。ただ、その前2試合は好投を見せており、ここで踏ん張りたいところだ。前回好投した釜田、戸村と上り調子の二人がいかに試合を作っていけるかにかかっている。打線は若いオーダーで挑んでいる。オコエや内田など、高校時代からのスターを育成しようという姿勢がみえる。中軸を打つ岡島、茂木ら左打者たちとうまくからませて得点を挙げたい。

1/2ページ

最終更新:6/17(金) 13:40

ベースボールチャンネル