ここから本文です

はじめてのデートでやらない方がいい、意外な5つの行為:アンケート結果

ライフハッカー[日本版] 6/17(金) 22:10配信

はじめてのデートでは、あらゆることが失敗につながる可能性がありますが、落とし穴はわかりやすいものばかりではありません。1300人以上の独身者を対象とした調査から、あまり知られてはいないけれど最初のデートでは避けた方がいい行為がわかりました。

このオンラインデートサイト「Elite Singles」のアンケート調査では、これまで最初のデートではご法度と言われてきたものもたくさん判明しました。飲み過ぎ、電話で長時間話す、以前のデートについて話すなどは、間違いなく避けたほうがいいです。しかし、ほかにも予想外のご法度な行為が浮かび上がりました。

(1)フォーマル過ぎる格好
83%の人が、最初のデートで会う場所や、その日の格好など、あらゆる面でカジュアルなほうがいいと答えています。

(2)食事の写真を撮る
初めてのデートで写真を撮るのは、割り勘を申し出ること以上に、本当に不快に思われる行為です。

(3)自撮りをする
もう一度言いますが、初めてのデートでは写真のことは忘れてください。スマホはポケットかバッグの中にしまっておきましょう。チップを払わないよりも自撮りのほうが嫌がられます。

(4)あまり話さない
デートで相手が話している時は、当然聞いた方がいいですが、自分も何か話した方がいいです。68%の人が、デートでは相手があまり話さないより、話しすぎるくらいのほうがいいと答えています。

(5)デートの様子をSNSに投稿する
デートの様子をFacebookやInstagramやTwitterに投稿するのは控えた方がいいでしょう。20%の人が、SNSに投稿されるのは気まずいと答えています。

驚くべきことに、この調査では、デートではご法度だと思われていた2つのことが、実際はそうでもないこともわかりました。2度目のデートはない人は、すぐにキスする人がたったの3%、チップの支払いが悪い人もたったの5%だったのです。もっと詳しく知りたい人は、以下のリンクをチェックしてみてください。

The top 10 first date deal breakers | Elite Singles
Patrick Allan(原文/訳:的野裕子)
Photo by Maelick.

最終更新:6/17(金) 22:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革