ここから本文です

ポグバ、侮辱ジェスチャーを完全否定。「勝利に狂喜乱舞しただけ」

フットボールチャンネル 6/17(金) 7:20配信

 EURO2016アルバニア戦でのパフォーマンスが「対戦相手を侮辱するもの」として話題を集めたフランス代表MFポール・ポグバだが、選手本人は侮辱的な意味合いを完全に否定している。フランス『RMC』が報じた。

【EURO2016 現在の順位表】

 アルバニア戦に2-0で勝利したフランス代表。試合終了後にポグバがスタンドに向けて対戦相手を侮辱したジェスチャーをしたのではないかとの声が挙がっており、同選手への処分を求める声もある。

 しかしポグバ本人は「喜びを大きなジェスターで表すことは僕の癖だ。しかし、誰かのために復讐のデモンストレーションをすることなどない」と完全に否定した。

「僕はただ勝利という結果に狂喜乱舞しただけだ。いつも通りにダンスを踊っただけだよ。それ以上でもそれ以下でもない」

 ポグバはフランス代表で注目選手の一人として活躍に期待が集まっていたが、ここまで思うようなプレーができていない。そんな中で起こった騒動だったがゆえに、より注目を集めることになってしまった。アルバニア戦では苦しみながらも勝利を掴みとったフランス代表だが、果たしてポグバもチームとともに調子を上向かせることはできるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/17(金) 10:18

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。