ここから本文です

「イブラヒモビッチという問題が存在する」伊代表指揮官とブッフォンがカリスマの12年越しの衝撃弾を警戒

Football ZONE web 6/17(金) 9:50配信

2004年にデルピエロら擁する優勝候補相手に回し蹴り弾

 欧州選手権(EURO)の初戦でベルギー代表を相手に2-0の勝利を収めたイタリア代表は17日の第2戦でカリスマFWズラタン・イブラヒモビッチを擁するスウェーデン代表と対戦する。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は、一面にGKジャンルイジ・ブッフォンとイブラヒモビッチの顔写真を並べながら「君のことは怖くない」と特集している。

イブラ本命はミラン!? 伊紙が大物FW10人の去就を大胆予測

 イタリアからは記者会見にアントニオ・コンテ監督とブッフォンが出席した。両者には相手エースのイブラヒモビッチに関する質問が集中した。コンテ監督は、イブラヒモビッチに対して最大級の警戒心を口にしている。

「私はイブラヒモビッチを偉大なアタッカーだと思っている。彼はヨーロッパのどのビッグクラブでもプレーできるレベルにある。ゲームのバランスを変えてしまう存在だね。我々の選手たちは、彼に対して最大の警戒をしなくてはいけない。我々はスウェーデンを支配する試合をしなければいけない。守備に回れば、そこにはイブラヒモビッチという問題が存在するからだ」

「ゲームのバランスを変えてしまう存在」

 一方でブッフォンは、イブラヒモビッチの実力を認めつつも一人に集中してしまうことのマイナス点を語っている。そして、対戦を楽しみにする気持ちもあるという。

「彼はスウェーデンの攻撃陣の1人であり、11人の1人として警戒すべき選手だね。スウェーデンは決してイブラヒモビッチだけのチームではないんだ。それを忘れてはいけない。当然ながら、彼の才能やメンタルの強さ、自分を信じる気持ちの強さとでもいうのか、それは他の選手にはマネできないものだ。だけど、僕にとってはピッチ上に発生する嬉しい問題だとも言えるね」

 今をさかのぼること12年前、イタリアとスウェーデンはEURO2004でも同じグループになりこの時もグループステージ2戦目で対戦した。アレッサンドロ・デルピエロ、クリスティアン・ヴィエリ、アンドレア・ピルロらスーパースター擁する優勝候補イタリアが圧倒的に攻め込みながらも、FWアントニオ・カッサーノの1得点に止まる中で迎えた後半40分、イブラヒモビッチはゴール前のこぼれ球に反応すると、ゴールに背を向けたまま後ろ回し蹴りのようなトリッキーなシュートで同点ゴールを決めた。この時のGKもブッフォンだった。イタリアはGSで勝ち点5で3チームが並ぶ展開で、得失点差で3位となり、決勝T進出を逃した悪夢を経験していた。

 当時アヤックスに所属する22歳の若手だったイブラヒモビッチも、今や世界最高級の評価を得るカリスマストライカーとなった。地元紙は「怖くない」と決戦を煽りながらも、名将と名守護神は最大級の警戒と敬意を寄せている。優勝候補の一角ベルギーを封殺したイタリア守備陣と鉄壁守護神ブッフォンはイブラを封じ込め、12年前の悪夢を払拭することができるだろうか。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/17(金) 9:50

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。