ここから本文です

【MLB】イチローはピート・ローズとは別次元。『ヒットキング』という称号は不必要

ベースボールチャンネル 6/17(金) 20:20配信

ピート・ローズが『ヒットキング』というタイトルにこだわる理由

「水曜日、イチローはメジャーリーグ通算2978本目、2979本目となる2本のヒットを打った。これらの数字は決してさほど重要ではない。もっと伝統的なセレブレーションは、この42歳になる選手がメジャー3000本目のヒットを打つであろう今年の夏まで持ち越されることだろう」

 これはAOL.Sportsの編集部、ジョン・ドーン記者の書いた記事のイントロである。イチローがピート・ローズのメジャー通算記録に近づくにつれ、ローズ氏が「ヒットキングはあくまでも私だ」と言い張っていることがニュースになっている中、ドーン氏はこの議論の必要性そのものを疑問視してこう書いている。

“Hits don’t translate from the Japanese league to the Major Leagues one-to-one. Ichiro is not baseball’s hit king. But he doesn’t need to be.”
「日本のプロ野球のヒットをメジャーリーグのヒットにに単純に換算することはできない。イチローは野球のヒットキングではない。しかし、そうである必要もない」

 最初の文の内容には、ローズも全面賛成するだろう。
 75歳になるローズは、すでにメジャーリーグから永久追放の処分を受けているが、今週、ローズでなければ言えないような次のような名言(迷言)によって、イチローの業績を過小評価した。

「日本人ファンたちは俺を(ヒットキングではなく)『ヒットクイーン』にしたがっている」

 ローズが「ヒットキング」にここまでこだわるのにはちゃんとした理由があるのだ。現実的に言うと、この称号しか彼には残されていないからだ。

 野球界からは追放され、クーパーズタウンにある野球殿堂へ入場することもできない。もっと最近の話としては、FOXスポーツのアナリストとしての仕事からも解約されてしまったのだ。

1/2ページ

最終更新:6/17(金) 20:20

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。