ここから本文です

ロシアンフーリガン、イングランドファンを装い襲撃していた事実が明るみに

フットボールチャンネル 6/17(金) 11:46配信

 現地11日のイングランドvsロシアの一戦では、両国サポーターがマルセイユ市内で衝突し、多くの負傷者を出す事態となったが、騒動を起こしたロシアのフリーガンたちの行動が明らかになってきたようだ。16日、スペイン紙『アス』が報じている。

 試合会場のヴェロドロームに向かう途中で暴動に巻き込まれ、負傷したイングランド人のカップルの証言によれば「我々の後ろから走ってきて、殴られた。私のフィアンセも数発殴られたんだ。そして、他の友人たちも頭や肋骨を負傷した」ということだ。

 そして、その彼らを襲ってきたグループはマンチェスター・ユナイテッドやチェルシーのユニフォームを着ていたということだ。「ロシア人だと気が付いた。イングランドサポーターの中に溶け込むためにユニフォームを着ていたのは明らかだ」と述べ、手にはマーシャルアーツ用のグローブも着けていたということだ。

 「これは計画されていたものだ」と語る上記カップル。純粋にサッカーを楽しみたい一般のファンにこのような被害が及ぶのは何ともいたたまれない限りだ。暴動騒ぎも多く報道されている今回のEURO。心ないフーリガンたちの暴挙が食い止められることを切に願うばかりだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/17(金) 11:52

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。