ここから本文です

マラドーナ、同胞の“寝取りFW”に憤怒!「アイツは死人だ」と痛烈罵倒

Football ZONE web 6/17(金) 16:58配信

インテル所属のFWイカルディが同国FWの妻とワンナイト・ラブ「あんなことが起きては…」

 アルゼンチンの伝説的MFディエゴ・マラドーナ氏がインテルの“寝取りストライカー”アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディを「あいつは死人だ」と罵倒している。地元ラジオ局「ラジオ・メトロ」で語ったもの。

【写真記事】元祖“神の手”マラドーナ 後継者と期待された「アルゼンチンの天才10人」

 過激な発言で有名な天才はインテルの点取り屋を心の底から憎んでいた。

「イカルディは自分にとっては存在しない。彼は世界のキャプテンにもなれたはずだが、あんなことが起きては、ね。オレはマキシ・ロペスのファンだ。あんなことは起きてはならない」

 強烈な言葉の数々でイカルディを痛罵した。なぜマラドーナ氏がここまで義憤の念に駆られているかというと、イカルディの不義行為にある。イカルディはサンプドリア時代の同僚でアルゼンチン代表FWロペスの元夫人、ワンダ・ナラを寝取った悪行で有名になった。サンプ時代に家族ぐるみで、故郷から遠く離れたイカルディの面倒を見ていたが、恩を仇で返した格好となっている。

「家に泊めてもらっておいて…」

 義理人情を重んじるアルゼンチンのフットボール界で、イカルディの評判は地に落ちている様子だ。「飯をご馳走になって、家に泊めてもらって、そこで何が起きた。そういうモラルがない奴はオレにとっては死人も同然だ」

 マラドーナ氏はナポリ時代にマフィアとの不適切な関係やコカインなど薬物問題もあったが、イカルディの不徳な行動は何があっても許せない様子だった。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/17(金) 16:58

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ