ここから本文です

『ファンタスティック・ビースト』、魔法の杖を持ったエディ・レッドメインの新写真公開

リアルサウンド 6/17(金) 13:35配信

 11月23日に公開される『ハリー・ポッター』新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』より、新たな写真が公開された。

 本作は、『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J.K.ローリングが初めて映画の脚本を手がけたファンタジー。『ハリー・ポッター』と同じ魔法世界を舞台に、ホグワーツ魔法魔術学校で学んだ魔法使いニュート・スキャマンダーが、魔法のトランクの中に詰め込んでいた魔法動物を逃してしまったことから、ニューヨーク中が大騒動に巻き込まれる模様を描く。

 6月4日より日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」にて、本作のメガホンを取ったデヴィッド・イェーツ監督が手がけた『ハリー・ポッター』シリーズ後半の4作が、4週連続で放送されている。本日17日放送の『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』と、24日放送の『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』のどこかでそれぞれ、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の新映像が放送される。

 その新映像の放送にあわせて、新たな写真が公開された。捉えられているのは、魔法の杖を持ち、ニュートに扮したエディ・レッドメインの撮影風景の様子。本作のジュニア・コンセプトデザイナーであるモリー・ソールは、「キャラクターとの素晴らしいパートナーシップを実現するために、魔法の杖の材質を的確に想像する必要があったの」とコメントし、そのために杖と魔法動物を関連付け、大部分が木でできている“素朴な木の杖”をニュートの杖にしたことを明かしている。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/17(金) 13:35

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。