ここから本文です

アート音楽フェス『GANKE FES』、クラウドファンディング開始 「崖×音楽×アート×花火」目指す

リアルサウンド 6/17(金) 22:31配信

 アート音楽フェス『GANKE FES』が、クラウドファンディングにて資金調達を開始したことを発表した。

 同イベントは、北海道発のアート音楽フェスとして2014年からスタートし、今年7月9日の開催で3年目を迎える。今年のラインナップには、DE DE MOUSE、大宮エリー with コトリンゴ、ACO、 bird、 EMGT(野沢直子xTora Fujimoto)、DJやついいちろうなどの出演が決定。人口6,000人の小さな新得町に「新しい風をおこしたい!」という思いでスタートした「ガンケ」と呼ばれる崖と、そこにまつわるアイヌの神話を舞台に、アート・音楽・食・自然・アクティビティ・マーケットを体験できる野外フェスティバルだ。

 また、今回のクラウドファンディングの目的は、3回目の開催記念として、今年から、モチーフとなっているアイヌの神話が残る崖「GANKE」に捧げる約1500発の花火を打ち上げ、「崖×音楽×アート×花火」という体験を共有したいというもの。企画に賛同して集まった支援金は、花火を打ち上げる費用になるという。同プロジェクトは「北海道発・アート音楽フェス『GANKE FES』でアイヌ神話に捧げる打上げ花火を!」と題し、本日6月17日正午12時から7月5日23時59分までの18日間で募集を受け付けている。詳細に関してはオフィシャルサイトに掲載中とのこと。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/17(金) 22:31

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。