ここから本文です

広島の新たな“翼”に名乗り。弱冠20歳・高橋壮也の大いなる野望

SOCCER DIGEST Web 6/17(金) 7:00配信

「僕に求められるのは縦に行ってクロスを挙げたり、ゴールに向かっていくこと」

[J1・1stステージ10節]FC東京1-1広島 6月15日/味スタ
 
 リーグ戦デビューとなった15節の神戸戦に続き、1-1で迎えた終盤に高橋壮也に出番が回ってきた。与えられた時間は10分。豊富な運動量を生かし、攻撃ではドリブル突破を仕掛けてチャンスを作る、守備では最後尾に戻ってスペースを埋めるミッションに全力を注いだ。
 
 出場直後の81分、左サイドで青山敏弘からパスを受けると、果敢に縦へ仕掛けてクロスを狙うも、マッチアップする橋本拳人の足を直撃。終了間際の90分には、突破を警戒されてゴール前へのクロスを選択したが、FC東京の堅い守備陣に撥ね返されてしまった。清水航平に代わって出場した意味は十分理解していただけに、高橋は膠着状態を打破できなかった自分のプレーを悔いた。
 
「あの時間帯であのスコア(1-1)だったら、僕に求められるのは縦に行ってクロスを上げるとか、貪欲にゴールに向かっていくことだと思います。出場時間が10分くらいだと、ボールを触っても3回くらい。そのなかでも何回か1対1があって、縦に行った1本目は(ボール)タッチが悪くて足に当たってしまい、(縦のコースを)切られていた2本目はインスイングのクロスを入れたんですけど、自分の課題が出てしまった」
 
 FC東京戦がリーグ戦通算2試合目だが、今季ACLでは2度のスタメン出場、昨季もナビスコカップで4試合を戦っており、「普段通りにやれるという想いはある」(高橋)。ただその一方で、まだ頭で思い描くイメージに、身体がついてこない場面があるという。
 
「航平くんが相当仕掛けて、疲労した相手に自分が対峙するとなったら、もっとできないと。でも、身体が堅かったり、自分の思い通りに行かないところがまだあって……。試合に出て分かることもあるわけで、クロスの回数と質は上げないといけない」

小林祐希の台頭で再注目されるプラチナ世代。「A代表デビュー前」の押さえておくべき15人

「自分はもっとできる。もうひとつ上のレベルを目指してやっていきたい」

 王者・広島には柏好文、ミキッチ、清水とレギュラークラスが揃い、ウイングバック争いは熾烈だ。現在の出場機会はミキッチの故障(右ハムストリングス筋損傷/全治4週間)による部分が大きく、経験豊富なベテランが復帰すれば4番手に逆戻りとなる可能性は高い。しかし、今の高橋にとってはもう、試合に出場するのは最低限の“ノルマ”。「結果を残す」という次なるステップにフォーカスしている。
 
「森保監督とヨコさん(横内昭展ヘッドコーチ)は、僕が結果を出すことを期待して使ってくれているはず。試合に出て、『普通にやっていたね』では“しょうもない”選手。そこでチームの勝利のために結果を残す、あるいはお客さんを沸かせるような、もうひとつ上のレベルのプレーを目指してやっていきたい。自分はもっとできると思っています」
 
 20歳の若武者が広島の新たな“翼”となる日も、そう遠くはないかもしれない。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:6/18(土) 2:19

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。