ここから本文です

【EURO展望】スペイン×トルコ|スペイン自慢の攻撃陣がついに爆発する!?

SOCCER DIGEST Web 6/17(金) 11:00配信

「引いて守る」というアイデアを持たないトルコ相手に大量点も

EURO2016
グループD2節
6月17日(金)/21:00(日本時間:28:00)/ニース
スペイン×トルコ
主審:ミロラド・マジッチ(セルビア)
 
 
【注目ポイント】
●初戦で沈黙したスペイン攻撃陣に爆発の予感
●“スロースターター”トルコが本領発揮か?
 
 
【試合展望】
 チェコとの初戦を辛うじて勝利で飾ったスペインと、粘りながらもモドリッチ(クロアチア)の一撃に沈んだトルコ。連勝を飾ってグループステージ突破を決めたい前者に対し、後者はもはや後がない状況だ。王者が相手とはいえ、引き分け以上の結果を狙いたい。
 
 とはいえ試合は十中八九、スペインのペースで進むだろう。タレントの質と量で大きく上回るだけでなく、両者の初戦の戦いぶりから判断するかぎり、組織力やチームの完成度でもスペインがトルコを凌駕している。
 
 この試合、スペインに期待できるのが、チェコ戦では無得点に終わった攻撃陣の爆発だ。
 
 トルコの最終ラインには、守護神チェフを軸とするチェコのような堅さも、安定感もなく、加えて指揮官のテリムは攻撃サッカーの信奉者だ。「引いて守る」というアイデアはおそらく持ち合わせていない。

【EURO2016選手名鑑Web版】総勢552人の写真、データ、寸評を完全網羅!

 オープンな展開になれば、スペイン自慢のパスサッカーが炸裂する可能性は極めて高く、思わぬ大差がつくかもしれない。
 
 とはいえ、トルコに希望がないわけではない。

 8年前のEURO2008でも、彼らは初戦を落としながら、奇跡のベスト4進出を果たした。さらに今予選も、いきなり連敗スタートを切り、突破は不可能だろうと言われながら、強豪オランダを蹴落としてフランス行きを決めている。

 “スロースターター”の彼らが本領を発揮すれば、ふたたび奇跡が起きるかもしれない。
 
文:ワールドサッカーダイジェスト編集部
 







 

最終更新:6/17(金) 11:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。