ここから本文です

アディショナルタイムの逆転劇! 大一番を制したイングランドが首位に躍り出る

SOCCER DIGEST Web 6/17(金) 0:18配信

ベイルの2試合連続FK弾でリードしたウェールズだったが…。

 6月16 日(現地時間)、EURO2016のグループステージで、イングランドが2ー1でウェールズを下した。
 
 隣国、そして英国4協会のライバル対決ということで大きな注目を集めた一戦。イングランドは大会の常連だが、今回は初出場のウェールズが勝点で上回った状態で対決を迎えた。
 
 試合開始直後から互いに激しくボールを奪い合い、徐々にイングランドがボールを保持する時間が長くなっていく。7分にはカウンターから、ララーナのクロスにスターリングが合わせるも、シュートは枠を捉えられなかった。
 
 先に失点することを避けたい両チームは、堅い守備を敷く。イングランドは主導権を握るも、ウェールズの守備ブロックを崩せず、相手のミスを待って、そこからボールを奪って速攻を仕掛けることが、チャンスを得るための一番の近道だった。
 
 一方、ウェールズはラムジーが幅広く精力的に動いてボールに触り、チャンスを作ろうと試みるが、こちらもイングランドの堅い守備を崩すには至らない。注目のベイルはボールに触れる機会も少なく、積極的な仕掛けも、爆発的な突破も見られなかった。
 
 ただ、彼には別の武器があった。それが炸裂したのが42分。ゴール正面、30メートルほどの位置で得たFKで、ベイルが左足を一閃すると、これがGKハートの指先をかすめてゴール右隅に決まった。
 
 前節スロバキア戦に続くFKのゴールで先制点を奪ったウェールズ。多くの時間を守備に割いていた彼らが、リードして後半を迎えることとなった。
 
 後半開始直後、初めてベイルが速い仕掛けを見せるが、すぐにイングランドが主導権を握った。
 
 今ひとつのケイン、スターリングに代えてヴァーディー、スターリッジを投入し、攻撃に多くの人数を割いて攻撃に厚みを加える。さらに、ウェールズが空けたスペースに、後方から上がった選手が入り込むことで、波状攻撃が展開されるようなった。
 
 徐々にウェールズ・ゴールに近づくイングランドは56分、スターリッジが左からクロスを上げ、競り合いでこぼれたボールをヴァーディーが詰める。オフサイドかと思われたが、彼の前にボールに触れていたのはウェールズの選手だった。
 
 ホジソン監督の交代策が当たったかたちで追い付いたイングランドは、その後、さらに攻勢を強めてウェールズをペナルティエリア内に釘付けにし、左右に揺さぶりながら、ドリブル、縦パス、そしてミドルを織り交ぜて好機を作っていく。
 
 しかし、70分にあたりからややスローダウンし、逆にウェールズがイングランド陣内に攻め込む回数が増える。34分には、交代出場のJ・ウィリアムズがノープレッシャーの状態で持ち込み、惜しいミドルを放った(クロスバーの上)。
 
 以降は再びウェールズ陣内で試合は進み、イングランドは執拗に相手ゴールに迫るが、ラストパスやシュートはウェールズDF陣にことごとくはね返され続け、そのままアディショナルタイムを迎える。
 
 そして、引き分けが濃厚となった92分、左サイドでスターリッジが仕掛け、リターンを受けると、GKヘネシーとゴールポストのわずかな隙間を抜く。最後の最後でイングランドは勝ち越しゴールを奪った。
 
 終了間際に同点に追い付かれた前節ロシア戦とは逆に、劇的な逆転ゴールを決めて勝点3をもぎ取ったイングランド。大一番を制してグループ首位に立ち、決勝トーナメント進出に大きく前進した。

【フォーメーション図】イングランド 2-1 ウェールズ

最終更新:6/17(金) 13:08

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。