ここから本文です

【J1展望】広島-浦和|因縁のライバル対決。先発濃厚な浅野に対し、柏木は別メニュー調整で先発を外れる?

SOCCER DIGEST Web 6/17(金) 19:00配信

広島――P・ウタカと浅野の“阿吽の呼吸”に期待。

J1リーグ・1stステージ16節
サンフレッチェ広島 – 浦和レッズ
6月18日(土)/19:00/エディオンスタジアム広島
 
サンフレッチェ広島
1stステージ成績(15節終了時): 5位 勝点22 6勝5分4敗 25得点・16失点
 
【最新チーム事情】
●FC東京戦で11試合ぶりに得点を挙げた浅野が先発復帰か。
●負傷者が続出も、森保監督は「現実を受け止めて、ベストを尽くす」。
●2試合連続途中出場の高橋が「同世代の関根には負けたくない」と燃える。
●興梠とのマッチアップが予想される千葉「五輪に行くのか、聞いてみます(笑)」
 
【担当記者の視点】
 水本が右第3中足骨骨折の重傷(全治2か月)を負い、これで長期離脱は5人目。うち4人が経験のある主力選手であり、陣容は非常に厳しい。来月になれば五輪代表の活動も本格化し、さらにチームから戦力がいなくなる。
 
 この危機的状況に不安も増幅されるが、森保監督は「アクシデントや思い通りにいかないことがたくさんあっても、そこを乗り切れば、個々もチームも成長する。監督の仕事は、こういう時にやりくりすること」と前を向く。千葉も「これまでもメンバーを入れ替えながらやってきたし、まったく経験のない選手がやるわけでもない。やれる自信も持っているし、(負傷者続出の状況を)言い訳にはしたくない」と言い切った。
 
 今節は、FC東京戦でゴールを挙げた浅野の先発復帰が有力で、「状態は悪くない」と自信を見せる。今季の2得点はいずれもP・ウタカのパスから生まれており、2人の阿吽の呼吸がハマれば、J最少失点を誇る浦和の堅守を打破できる可能性が高くなる。

小林祐希の台頭で再注目されるプラチナ世代。「A代表デビュー前」の押さえておくべき15人

浦和――オーバーエイジの打診を認めた興梠、出場停止明けの森脇が先発復帰。

浦和レッズ
1stステージ成績(6月17日時点):3位 勝点27 8勝3分3敗 18得点・9失点
 
【最新チーム事情】
●大阪から浦和に戻らず、直接広島に乗り込む。
●右ふくらはぎに違和感がある柏木が別メニュー調整。
●オーバーエイジに悩む興梠が先発復帰。
●西川がバースデーゲーム。
 
【担当記者の視点】
 第1ステージ優勝は絶望的になり、選手や監督も目標を完全にCS進出にシフト。柏木は「2年目のG大阪も前半戦は調子が悪かったが、後半に勝点を大きく稼いでいる。だから、自分たちも十分挽回できる。年間勝点を考えれば、3連敗は許されない」と気を引き締める。
 
 チームは5年ぶりに浦和へは戻らず、“合宿遠征”を行ない、大阪から広島に乗り込んだ。帯同メンバーは基本的にはG大阪戦から変わらず、出場停止明けの森脇が先発復帰しそうだ。
 
 一方、気掛かりなのが柏木の状態だ。G大阪戦で右ふくらはぎに違和感を覚え、16日は全体練習に参加しなかった。出場するのであれば、ぶっつけ本番になりそう。広島戦の直前まで様子を見て、ペトロヴィッチ監督が決断を下すことになりそうだ。ただ、青木のコンディションも良いだけに、柏木がベンチスタートなる可能性が高いか。
 
 リオ五輪のオーバーエイジ招集の打診を受けた興梠も、2試合ぶりに先発復帰しそうだ。手倉森監督が大阪まで直談判しに来たことで、男としての仁義を感じている。しかし、五輪中もシーズンが続く浦和への影響を考えると、やはり簡単には抜けられない……。相当に悩んでいると見られ、この広島戦でゴールを決め、自身の想いにもケリをつけられるか。
 
 また試合当日は西川の誕生日。しかも古巣との対戦という運命的な巡り合わせだ。「30歳の節目が広島戦だなんて、運命を感じます。浦和に来て広島でのナイトゲームは初めて。たくさんのお客さんの声援に、いいプレーで応えたい」と抱負を語った。
 

最終更新:6/18(土) 13:14

SOCCER DIGEST Web

なぜ今? 首相主導の働き方改革