ここから本文です

ヴァーディーのEURO初ゴールでレスターにも新たに輝かしき歴史が!

SOCCER DIGEST Web 6/17(金) 14:29配信

“初のフィールドプレーヤー”が所属クラブにもたらしたもの。

 6月16日、イングランドはウェールズとの「バトル・オブ・ブリテン」を2-1で制し、今大会初勝利を果たすとともに、グループBの首位に躍り出た。
 
 ウェールズのガレス・ベイルに2試合連続となるFKでの先制を許した試合で、56分にチームを勢いに乗せるゴールを決めたのが、後半からハリー・ケインに代わって今大会初出場を果たしたジェイミー・ヴァーディーだった。
 
 メジャー大会デビュー戦を迎えたレスターのストライカーは、ゴール前で相手DFの“アシスト”を受けて同点ゴールをゲット。またアディショナルタイムには、ダニエル・スターリッジの劇的な決勝ゴールにも絡み、勝利の立役者となった。
 
「前半からチームはチャンスを作っていたから、同じようにやり続ければいいと(ロイ・)ホジソン監督からはいわれていた。そして後半も我々はチャンスを作り、僕とスターリッジがゴールを奪うことができた。信じられない気持ちだ」
 
 そう喜びを表現したヴァーディー。今後の試合では、ケイン、ラヒーム・スターリングの調子が今ひとつということもあり、スターリッジとともにスタメン入りも期待されている。
 
「確かに最初から試合に出られればいいんだけど……。でも、チームには23人の登録メンバーがいるわけだからね」
 
 そう語り、与えられたチャンスのなかで力を尽くすことを誓った彼は、今後について「次の試合も勝って、首位でグループステージを勝ち抜きたい」と力強く語った。
 
 彼にとってのメジャー大会初ゴールは、全てのイングランド人にとって大きな喜びとなったが、元イングランド代表ストライカーで、レスターOBでもあるガリー・リネカーもそのひとり。彼は自身のツイッターで、ヴァーディーのゴールについてこうツイートしている。
 
「ヴァーディーはメジャー大会でゴールを挙げた、最初のレスター所属のイングランド代表選手だ」
 
 歴史をさかのぼると、ヴァーディー以外にレスターがメジャー大会でイングラン代表チームに選手を送り出したのは、自国開催の1966年ワールドカップで優勝メンバーとなった守護神ゴードン・バンクス、そしてEURO2004の控えGKイアン・ウォーカーの2人である。
 
 初のフィールドプレーヤーは、昨シーズンのプレミアリーグ得点ランキング2位の力を大舞台でもいきなり発揮してみせ、その価値をさらに高めたわけだが、同時にレスターにも新たな輝かしい歴史をもたらしたということだ。
 
 ちなみにリネカーのツイッターだが、以前、ヴァーディーのアーセナル移籍の噂に対し、「永遠の敗北者であるチームには行かず、レスターに残留しろ」という過激なツイートをしていた。
 
 その影響もあってか、前述のツイートに対しては「ヴァーディーはレスターではなく、もうアーセナルの選手だ」との投稿が多く寄せられていた。

停滞するミランの身売り交渉とチーム編成。本田圭佑は揺れる名門に残るべきなのか?

最終更新:6/17(金) 17:47

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。