ここから本文です

【J1展望】鳥栖×G大阪|ホームでは3戦3勝。鳥栖は好相性のG大阪を叩き連勝できるか

SOCCER DIGEST Web 6/17(金) 18:00配信

鳥栖――出鼻を挫くには、セットプレーが鍵になるかもしれない。

J1リーグ・1stステージ16節
サガン鳥栖-ガンバ大阪
6月18日(土)/19:00/ベストアメニティスタジアム
 
サガン鳥栖
1stステージ成績(15節終了時):15位 勝点14 3勝5分7敗 8得点・13失点
 
【最新チーム事情】
●直近の公式戦5試合で負けなし。
●右膝を損傷していたキム・ミヌが復調。前節もフル出場と怪我の影響はなさそうだ。
●木曜以外はトレーニングを公開せず。
 
【担当記者の視点】
 5月25日のナビスコカップ・福岡戦から5戦負けなし。前節の名古屋戦はリーグ戦7試合ぶりの勝利と徐々に調子を上げている。7試合ぶりにゴールを挙げたエース・豊田の奮起も心強い。その勢いを持って、第1ステージでのホーム最終戦を迎える。開幕戦以来、ベアスタでの勝利から遠ざかっており、サポーターに無様な試合は見せられない。
 
 監督や選手にはそんな思いもあるのか。クラブにとっては珍しく、今週は木曜日以外の練習を公開せず、情報漏えいを避けた。調子は上向いているとあって、システム変更や大幅なメンバー変更は考えにくい。
 
 おそらく、トレーニングの主な内容はセットプレーだろう。ここまでリーグ最少の8得点とゴール欠乏症に喘ぐチームにとって、セットプレーは貴重なチャンスとなる。プレースキッカーを富山に変更してから様々なサインプレーが見られ、前節の名古屋戦ではCKに豊田が飛び込んでゴールを挙げた。今節はどんな形を用意しているのか。G大阪の出鼻を挫くには、最初のセットプレーが鍵となるかもしれない。

G大阪――2戦連続でアデミウソンを1トップ起用か。機能すれば今後のスタンダードに。

J1リーグ・1stステージ16節
サガン鳥栖-ガンバ大阪
6月18日(土)/19:00/ベストアメニティスタジアム
 
ガンバ大阪
1stステージ成績(15節終了時):6位 勝点23 7勝2分6敗 18得点・15失点
 
【最新チーム事情】
●長谷川監督はアデミウソンの1トップに手応え。勝利した前節・浦和戦と同様に起用する見込み。
●出場停止明けの米倉が右SBに戻る見込み
●ベアスタでは過去のJリーグでは3戦3敗と相性悪い
●遠藤はJ1通算100ゴールまで、あと1ゴール。
 
【担当記者の視点】
 15節の湘南戦は3-3と派手な撃ち合いを演じたが、10節順延分(15日)の浦和戦は1-0と完封。最終ラインや今野らの好守が光り、浦和の攻撃を封じ込んだ。チームは徐々に復調の兆しを見せており、年間勝点を意識して勝点3を着実に上積みした。
 
 注目は、やはり宇佐美だろう。移籍決定が週明けにも発表されると報じられており、自身も湘南戦、浦和戦と2試合連続ゴールを叩き込むなど好調を維持している。今夏の移籍となれば、その勇姿が見られるのは今節と最終節(ホーム名古屋戦)のみ。“ラスト2”の可能性もあるなか、3戦連発の期待が懸かる。
 
 先発に目を転じると、ポイントになるのはアデミウソンだ。浦和戦では最前線で攻撃の起点として存在感を放っており、長谷川監督も一定の手応えを掴んだ様子。2試合連続で1トップに入る見込みだが、機能すれば今後のスタンダートにもなり得る。
 
 唯一の気掛かりは疲労の蓄積か。浦和戦から中2日で試合を迎えるうえ、大阪から鳥栖への移動も相まって、コンディションは決して万全とは言えない。疲労が抜け切らないなか、一定のパフォーマンスを見せられるか。

最終更新:6/17(金) 18:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。