ここから本文です

【J1展望】仙台×甲府|スペースの活用法が上手なのはどっちだ!?

SOCCER DIGEST Web 6/17(金) 18:00配信

仙台――相手の堅牢さに焦れないことが大切。

J1リーグ1stステージ・16節
ベガルタ仙台 – ヴァンフォーレ甲府
6月18日(土)/19:00/ユアテックスタジアム仙台
 
ベガルタ仙台
1stステージ成績(15節終了時):10位 勝点20 6勝2分7敗 18得点・21失点
 
【最新チーム事情】
●ウイルソンが12日に行なわれたサテライトの鹿島戦で負傷。今節は出場回避の見込み。●金久保も今節の復帰目途は立っていない模様。
●前節・柏戦で軽い脳震盪で途中交代した三田は全体練習に合流。先発出場の可能性も。
●最終ラインを支えていた渡部が出場停止。大岩をCB起用し、右SBは蜂須賀か。
 
【担当記者の視点】
 前節・柏戦では今季ベストとも言える盤石の戦いぶりを披露。2-0で難敵を退け、順位もひと桁目前の10位まで上げた。今節の甲府戦ではリーグ戦4連勝と、負け星の借金完済を狙う。
 
 ただ、柏戦で勝点3を得た代償として、最終ラインを支えてきた渡部が累積警告で出場停止という事態に。紅白戦では大岩をCBに配置して、右SBに蜂須賀という形をテスト。“エアバトル王”抜きでも堅牢さは変わらないことを示したい。
 
 昨季、甲府をホームに迎えた一戦では相手の5バックを崩せず、逆にカウンターに沈んだ。それでも「難しく考えることはない。相手DFが何人いたとしても、シンプルにスペースを狙うのが大事」(渡邉監督)と、焦れずに何度でも空いた場所を突くことが重要だ。

甲府――田中、松橋の両ウイングバックの出来が鍵に。

J1リーグ1stステージ・16節
ベガルタ仙台 – ヴァンフォーレ甲府
6月18日(土)/19:00/ユアテックスタジアム仙台
 
ヴァンフォーレ甲府
1stステージ成績(15節終了時):14位 勝点15 3勝6分6敗 17得点・26失点
                                  
【最新チーム事情】
●クリスティアーノに、柏から獲得オファーが届く。去就についての最終的な結論は、週明けに出る見込み。
●佐久間GM兼監督は、仙台の好調の要因を「守備時は6バック気味に守って、攻める時にはシッカリ前に出て行く。やることがハッキリしていて、迷いがない」と分析。
●CBとSB間の攻略にポイントを置きトレーニング。
●田中佑昌が、Jリーグ通算400試合出場達成まで、あと1試合に。
●森晃太が全体練習に復帰。13日には19歳の誕生日を迎えた。
 
【担当記者の視点】
故障者が続出するなか前節の福岡戦では、畑尾、新里、橋爪の“急造3バック”が機能し、リーグ戦では9試合ぶりの勝利。また、開幕戦以来の完封勝利を収めた事実も、大きな自信となった。
 
その福岡戦と同じメンバーで臨むであろう仙台戦では、「守備時は6バック気味に守る」(佐久間GM兼監督)相手最終ラインの攻略を目論む。今週のトレーニングでは相手CBとSB間を突く意識を持ちみ、特に両ウイングバックには積極的に高い位置に侵入させようとの姿勢も見せていた。
 
そうした狙いからも、Jリーグ通算400試合出場達成まであと1試合に迫っている田中、縦への直線的な突破を売りとする松橋が、どれほどチャンスに絡めるかが問われるだろう。前節の福岡戦で、まずまずの安定感を示していた彼らの攻守における奮闘に期待したい。

最終更新:6/17(金) 18:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。